スポンサーリンク

体調を崩してからブログの更新がめちゃくちゃになり、そこでゴールデンウィーク突入となり、だらけモードにはなっていますが生きていることを証明するための投稿で、タイトルに反し、ただの日記です。

 

ブログにも書いたと思うのですが、この四月からインターネットでできる自分のビジネスはやっているものの、人からお願いされる労働は休み、真剣に取り組んでいることがあります。

 

期間は秋になる前まで。

 

このゴールデンウィークとお盆休み以外、超多忙で(生活になれないのと、アラビア語レヴェルの難解な言語に触れているため具合を悪くしてしまった。UC再燃ではない)、会う人が限られてくるので、この大型連休は身体を休めつつ、友人たちに会っています。

 

私が気兼ねなく会える友人は、過去または現在にフィクション(文芸の分野)の読書習慣があり、少女マンガも読む(読んでいた)、サブカル好き(今のサブカルではない)、中年の女性が多い。

 

今の私は現実社会に直結するノンフィクションの分野の書物を読むけど、かつては作家と編集者が作り上げる小説の世界が好きで、その頃に読んだものにでてきたキーワードを共有できる人と過ごす時間は、素直に「有意義」と感じます。

 

少女マンガの世界のキーワードだと、例えば「泥まんじゅう」だとか。

 

わからない方は適当に検索をかけてください。

 

当ブログのPC版にはヒントが隠されています。

 

この年になってわかったけど、読書歴のバックグラウンドは、深い友人関係を築く時にとても大切です。

 

今回会った人達は、上記の特徴に加えて、ジャンル問わずのカンターカルチャー系の音楽好き、クラブ好き(みんなお年頃で最近は行っていないもよう)、ライヴ好き、日本人の友人の中では最も心地よいというタイプです。

 

自分を含むほとんどが東京都生まれ東京都育ちで、トーキョーでは大変レアな出身地の人達です。

 

で、どこのコミュニティで話題になるのは、ある日本人テクノグループとミュージシャンについて。

 

元々「天才」「おもしろい」「(いい意味で)狂っている」で有名なグループだったけど、この度の色々の騒動で、「さすがだ」「頭いい」と、今そろで活動せざるを得なくなった相方の評価がさらに高くなっていることを確認させられます。

 

最終的には、ケラさんはすごいになるのですが、十代に出合ったカルチャーは年功序列的な情報収集方法があるので、自分より一学年でも上の人から話しを聞くのは楽しい。

 

もっと年上だとさらに楽しい。

 

みんな三十代前半までの若い世代ではないから、「人生において〇〇はしない」「自分の人生には〇〇は起こらない」ことは言い切れないことはわかっているし、何か問題が生じても時間が解決することを理解する年代に突入しているので、色々あっても、自分が殴られたりお金を奪われるわけでないから、人々の失敗には寛容なのです。

 

ただ、「今現在」の国の法律を守らないといけない、資本主義での契約社会のルールを守らないといけない、それだけ。

 

また、今回、薬は毒、毒は薬、を改めて感じています。

 

三年前に、高校時代に発症したUCが大再燃して入院した際、長期入院してステロイド治療をおこない、筋力は80代以下にまで落ちているのに、ステロイドのおかげで、退院後も、頭はギンギンに冴えハイになり、(私はなんでもできるぞ的に)気持ちは大きくなり、筋力が弱っているのに何キロも歩けてしまう。

 

気味悪がった母曰く「(敗戦後の日本にいた、母が子どもの頃に郷里でよく見かけた)ヒロポン患者みたい」。

 

ヒロポンという単語はきっと某社のアルゴリズムがとても嫌いな単語と思いますが、ファイト・ザ・パワー、気にせず書きます。 

 

ヒロポン、ヒロポン、ヒロポン。

 

ヒロポンがわからない方は、検索してください。

 

そんな期間がしばらくあったと思ったら、その後は、外見上に副作用が、さらに後には、体におかしなことばかり起きてしまうということが長く続き、担当医に思わず「ステロイドはヒロポンのような作用があるのでは???」と訊いたら、先生は一瞬沈黙して、「……その時はよくて、後がこわいという意味ではヒロポン」とおっしゃるので、ステロイドというたまたま法律で許された薬で治ったが、副作用は毒の部分だと思ったのです。

 

薬の効果はプラスもあればマイナスもあって、よいかわるいかは法律と経済が決めているだけ、というのが、生命科学素人である私の持論です。

 

尚、ビジネスに生じる非合法の薬使用の影響は、甲と乙との契約書の内容によるから、部外者の口出しは無粋と考えている派です。

 

商いに情はいらず、情は商いに利用するものだからです。

 

ほとぼりが冷めて、いつの日か、Bebu Silvetti “Spring Rain”ネタの曲を、メンバーがそろった状態でのライヴで聴けることを楽しみにしています。

 

いっぱい課金しようと思います。

 

それと、今やっている猛烈に大変なことの第一目標が7月25日(木)までに達成でき、体調が万全だったら、久しぶりにフジロックに行くことにしました。

 

話題のグループのメンバーの一人公演を観て踊り狂うために。

 

蛍光ネイルポリッシュを塗って。

 

もちろん、家族みたいに思っている自分のコミュニティのミュージシャン達も出演するのでみんなのライヴも堪能します。

 

期間は短いけど人生で一番大変というくらいハードルが高いことに取り組んでいるのでどうなることやらですが、頑張ってみます。

 

どのくらいハードルが高いかと言ったら、マドンナかジャネット・ジャクソンかジェニファー・ロペスの、踊って歌うライヴに必要なくらいの体力を持ちながら、高校三年の夏の時点で偏差値50台の人が現役で旧帝国大学に入学試験にパスする(※私は旧帝国大学出身者ではない)、という表現がふさわしいかもしれません。

 

平成の最終日、令和の初日の私の決意です。

 

 

最終更新 05032019 15:35

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。2019年4月から9月まで、仕事でも労働でもないことで多忙になるため、ブログの更新が不定期となります。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。