スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

会社員時代に個人事業主になったことで、仕事は二つ以上やるものだということを普通のこととしています。

 

その前に、私は中小企業育ちですから、何でもやるということは身についていたかもしれません。

 

会社を退職して一人で色々をやることも自然なことでした。

 

そのほかにも、二つ以上の仕事をやるということは理由があります。

 

まず、何らかの理由で突然仕事が途切れるということを避けるためです。

 

私は大きく分けて三種のことをやっていますが、そのうちの一種は請け負いの仕事で、いくつかをやるようにしています。 

 

それから、生涯を通してのつとめを果たすために、色々な仕事をする幾つもの例が身近にありました。

 

私の両親は寺の分家と寺の出身、親戚中が寺なのですが、僧侶のおじ、おば、いとこやはとこ達はみんな、坊さんの仕事以外に、生活のための仕事を最低一つは持っています。

 

いつか、知り合いの日本の企業に勤める超エリートサラリーマンから、色々なことをやらずに一つに集中して絞ったら?と言われたことがあります。一つがうまくいっているならそれだけに集中せよ、ということです。

 

会社勤めのように一つがダメになっても給料が支払われる仕組みではないと言っても、全く理解ができないようでした。

 

話す相手を間違えてしまいました。

 

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。