スポンサーリンク

 

週に一度通っている鍼灸治療院の先生の話しによると、心の痛みを抱えている人は、体のどこかの箇所も痛みを感じていることが多いそうだ。しかし、心の痛みに効くような治療を行うと、だんだんと体の調子もよくなる例が多いとのこと。人間の体と心は面白い。

 

Breakin' Exhibition

Flickr : SEAN RHINEHART さん

 

年末年始あたりから、片足の膝の裏がおかしくなり、その後、腰をやってしまったのだが、鍼灸治療と、足腰に無理をしない生活を送り始めたら、一週間前あたりから、正常にもどりつつあるようだ。写真の男性のような動きはさすがにできないけど(!)、激痛がなくなると、精神状態も安定するものである。心の中の雲がなくなってきた。ずっとスランプ気味でできなかった、いくつかのことができるようになった。今の私は駆け出しの個人事業主でパツパツで「マヂ大変ス」という状況も突破できそうな気がしているから不思議。何かから解放されたような気分なのである。

 

ヨガの太陽礼拝のポーズは、かろうじて毎日続けていたが、合わせてやっていた筋トレは、とてもでないが痛くてできなかった。でも、先日、ビヨンセの最新映像の、セクシーを通り越した、アスリート並みの肉体を見たあたりから、首が動かせるようになった自分に気がつき筋トレも復活である。そして通っていたヨガ教室にも、また行けるかもという希望も出てきた。

 

やっぱり心と体は関係しているんだと思う。痛みの原因に向き合い、時間と、多少のお金がかかっても取り除くことは大切なのである。

 

 

 

関連記事

お年頃。腰椎椎間関節を痛めてしまった…

美尻の女性たち ビヨンセの映像はここに 

 

写真をおかりしているSEAN RHINEHARTさんが撮影した写真を使用している記事

Hiatus Kaiyoteがグラミー賞ノミネート

 

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、外国企業からリモートで仕事を請け負う自由業(Webマーケティング、翻訳、コンサルタント・営業代行) / Plenitude Interactions LLC / 2017年秋より約20年ぶりに学生 / 虚弱体質(潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎) / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 読書は歴史、人文思想、経済、科学、テクノロジー、外国文学を中心にだいたい100冊以上、最近になりHow-To本も読み物に加わった / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 /  お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (04/24/2018 最終更新)

 

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。