スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

私は、現状、働きに行かずに、働くというスタイルをとっています。つまりは勤めに行かずに働くということです。

 

自分でつくる仕事、人様からいただくいくつかの仕事を、コンピュータだけで完結させています。

 

もし望めば多分誰でもできます。

 

なぜ、「誰でも」かというと、私はかつては出版社勤めをしていた基本営業、時々本の企画と編集と宣伝という人間で、電子書籍も手がけたこともありますが、「在庫ビジネス」で成り立つ業界にいました。

 

そんな産業にいた、かつてはピチピチだった(!)、若くはない人間でも、時間を少しかけてITというものに取り組んでいけば、それなりの技能や技術が身につき(決してそのレヴェルが高いわけではない)、ノマドワーカーにもなれる在宅仕事ができるということです。

 

自分でつくる仕事と人様からいただく仕事は、たまにはカフェでもやりますし、月3回くらいは、前者の仕事の用事でジャケット着用で外出もします。

 

今後、自分でつくる仕事で在庫をもつことにもなるかもしれませんが、それでも、コンピュータとその在庫以外のものは持たないでしょう。

 

人様からいただく仕事は、外国の企業と契約すれば、インターネット通信がほとんどで電話は少なく、時差もあるのでだいたいメールのやりとりです。打ち合わせ外出の準備と移動時間などがなくて、私としては助かっています。

 

そして毎日ひたすら自分が決めたスケジュールをこなしていきます。

 

以上は、私の仕事のちょっとしたお話しです。

 

そして、働きに行かずに働くこと自体にメリットがたくさんあります。大きく言って、健康上の問題をクリアできること、家事との両立が可能なこと、お財布に優しいなどです。

 

細かく分けると9つもグッドポイントがあげられます。

 

1.健康上の問題をクリア

 

1) 体の都合でお手洗いをゆっくり使うことがあるのですが、自宅であれば安心。

 

2) 手作り弁当以外では外食をしないので、自宅で食事をします。最近は作り置きにおかずを作って楽をしています。

 

3) 昼寝が時より必要になります。ベッドはデスクからすぐ近くにあるので30分くらい寝ます。

 

4) 通勤電車でのストレスがないです。ストレスを作らないことで心身への負担をなくします。

 

5) インターネット上では一緒に働く人はいますが、リアルな世界では日常一緒に働く人がいませんので気遣い無用です。

 

6) 荷物を持って外出することが少ないので体への負担がありません。私が出版社を退職した最大の理由は、体を酷使しすぎて股関節をいためてしまったことなんです(会社を去ったあと、体を休め、根気よく鍼灸治療を続けたのでだいたいよくなりました)。

 

2. 家事との両立が可能

 

7) 洗濯、掃除、買い物(極力生協を利用)、仕事の合間合間でやっていきます。毎日きちんとこなせるから気持ち良いです。

 

3. お財布に優しい

 

8) 仕事での外出が毎日ではないので、消耗品代や洋服代やメンテナンス代がさほどかかりません。通常女性が使用する、基礎化粧品の類は使わないのでそこは変化がありませんが(毎日バターをたっぷり食べて皮膚に油分をだし、顔には何も塗らず、病院で処方してもらっているローションを首や体の数カ所につけて終わり)、化粧品も減らないしまつげ代も少しでOK。家にいることが多いからタン○ンもあまり必要ない。クリーニングや靴の修理もたまにになりました。

 

9) 心身が疲れる生活を送らないようにしているので本当に疲労がありません。よって、エステに行って体、顔、頭、足などのマッサージを受ける必要がないんです。お気に入りのエステシャンの顔は恋しく思っています。

 

以上です。

 

会社員時代、基本営業の人間で、毎日が直行直帰の日々で、一人行動に慣れていたということもあるし、思春期のあたりからは既に群れで行動しない人間だったので、今のかたちはその延長かもしれません。

 

私の体は頑丈!誰かと一緒に仕事をしないとイヤ!ランチは人と一緒がいい!家事は溜まっても大丈夫!毎日洒落た洋服を着て働きに出たい!エステには定期的に行きたい!お金を使いたい!という方には、私の仕事のスタイルは、まあ!という感じだと思います。

 

このような働き方のスタイルもありますという程度に留めておきます。

 

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。