スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

以前にも書いたような気もするのですが、入浴中の読書は効率が良いです。

 

なぜなら、情報収集ができる、または、エンターテインメントの世界にひたりながら、「もう限界!」というまでたくさんの汗がかけるからです。

 

何もかもが電子書籍でのリリースになったら、水に強く曇らない端末(すでにあるのかもわかりません)で「お風呂読書」をするのかもしれません。現状は、紙ヴァージョンのみ発売の書籍は入浴中に、電子書籍は移動中の乗り物内か、髪をドライヤーで乾かしている時に読むということにしています。

 

お風呂で大汗をかくことが良いのかは不明ではありますが、「毎日ささっとシャワー+エステ頻繁」よりも「毎日ゆっくり体を洗って湯船に浸かる+時々エステ」の方が、よっぽど美しくなるのではないかと思います。日本は水道事情も良くて、じゃんじゃかシャワーのお湯も出るわけだし。

 

急いでお風呂を終わらせなければならない時は、かなり熱い湯にして、3-4分というとても短い時間でも本は読みます。人からはギョッとされますが42-44℃です…。これまた大汗をかけて気持ちがいいですね。

 

ブロガー、リモートIT職、選書家、音楽配信、書籍企画 / Plenitude Interactions LLC / HipHop、アフリカンアメリカン文学 / ミニマリスト / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎 / 2017年10月より約20年ぶりに学生(通信制大学科目履修生) / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンはマジョリ画の妖艶な女帝 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com / 現在、仕事のための勉強と大学の勉強でせわしく過ごしているため、通常の投稿がしばらくの間、週1-2回ペースになります(11/06/2017)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。