スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

入院生活に必要なグッズのリストを作成しました

 

入院生活を快適にするためのグッズのリスト

 

続きです。

 

過去45日の長期入院(内臓)をしたことのある私の経験によるものです。

 

家族や付き添いの人が、入院している人のために買い物をする時のポイントが一つあります。

 

それは、私が入院中、家族も私自身も、途中から気がついたのですが、衣類やこだわりの品以外は、100円ショップを利用するということ。

 

100均なら一度に相当な物が揃うし、リアルな店舗なので、高齢者でも利用しやすいのです。あと安い。これも利点。

 

入院が長期になる場合、個室を利用する人はよっぽどの人だと思います。

 

複数が利用する共同病室は、グッズを置ける空間が限られているので、最小限主義が体感できる場でもあります。

 

 

こちらの投稿もどうぞ

退院後の体力の回復に必要な日数

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、自由業リモート職(Webマーケティング、翻訳) / Plenitude Interactions LLC / 放送大学学生 / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー(多分14歳から)、強膜炎、反応性低血糖症(多分15歳から) / 陸の哺乳類肉と米と砂糖とお酒は以前にやめた / 1日水4L以上、海塩20g、バター100g、青菜400gで健康維持 / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (08/10/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。