スポンサーリンク

見た目ではわからない障害がある人が持つヘルプマークの認知がだんだんと上がってきているようです。

 

私も何かの疾患で倒れた時のために、持病名とかかりつけの病院と各科の医師の名前のメモをヘルプマークの裏に貼って持ち歩いています。

 

救急病院で運ばれて専門外の医師に診てもらうのは大変なリスクがあるからです。

 

電車に乗った際は、よほどの体調の時でないとそのヘルプマークをアピールすることはありませんが、このヘルプマークは認知があがってきてもあまり効力のあるものではないと感じています。

 

妊婦さんが妊婦マークをつけているのに苦労しているのはよく聞きますが、それと全く同じことです。

 

全然座れません。

 

皆、疲れているので他人を構う余裕はないのです。

 

30年以上前の十代半ばに大きな疾患を発症してすぐに気が付いたことは「社会はとても冷たい」ということだったので、時代が変わっても普遍的な人間の姿です。

 

今は普段は元気でいられるようになりましたが、予測不可能な発作のような症状が時々あって、屋外でうずくまったり休むことがあります。

 

対処法や何分経ったらその症状がおさまるかもよくわかっているので自分としては慣れていますが、やっぱり苦しい。

 

外なので、その横を人々が通り過ぎていきます。

 

ナルコレプシーの睡眠発作で寝ていることもあります(道路横のフェンスとか公園のベンチなど)。

 

駅や公共施設だと職員さんに声をかけてもらうことも多いし、最近はありませんが休ませてもらうこともあります。

 

でも人にとっては、おばさんのようなお姉さんのような女性がどうかなっている、それで終わりです。

 

何十年の疾患キャリアがあるので、人への期待と甘えは無用、そう自分に言い聞かせています。

 

そんな中、声をかけてくださった方、介助してくれた方達がわずかながらいらっしゃいます。

 

やっぱり嬉しいです。

 

最近だと、近所の道路の端で「うううっ」と傘を杖がわりにして苦しんでいるところ、母と小学校一年生くらいのご子息、という組み合わせの方達に遭遇しました。

 

持病の潰瘍性大腸炎が大再燃した後にできた炎症性ポリープ(癌化はしないとされる炎症跡にできるかさぶたのようなもの。私の大腸の半分がその状態)に物がひっかかり激痛が起きている最中でした。

 

前日に飲んだ水の量(カフェイン除く)が3L未満だとこういうことが起きます。

 

その日の前日は2.5Lと微量しか飲まなかったので、自分の怠慢と不注意がいけませんでした。

 

通常は4-5分でおさまるのですが地獄です。叫ぶ時も多々です。

 

救急車を呼びましょうか、駅まで行くのなら車でお送りします、本当に大丈夫なのですか、大丈夫?大丈夫?、そんな優しい言葉。

 

症状がおさまるまで一緒にいてくれたのだけど、別れた後に嬉しくて涙が出てしまいました。

 

「社会はとても冷たい」と思っているとこういう時の感動は大きいのです。

 

女性は英語だけのスピーカー、ご子息らしき坊ちゃんは英語と日本語スピーカーでした。

 

心強かった。

 

一方の私も具合が悪そうな人には声をかけます。

 

そこの職員とか従業員を呼べる時は呼んだことも何度もあります。

 

声をかけたからといってその人の症状がよくなるわけではないことは十分承知しているのですが、居ても立っても居られない。

 

2011年3月11日の大地震の日も、ある私鉄駅の改札前で寒い中電車を待つご老人や妊婦さんで具合が悪そうな人達が何人かいて、想定外の事態にあたふたしている駅員達に交渉し、暖房のきいた駅長室にその人達を入れてもらった、そんなこともありました。

 

あ、でも、一度だけ、急いでいて見逃したことがありました。

 

会社員時代の2011年か2012年の真夏の猛暑日に、何の業種の営業マンかはわからないのですが、その雰囲気を漂わせている男性が、ぐったりと乃木神社近くの歩道に座りこんでいたのです。

 

少し離れたところからみかけたのですが、多分熱中症でしょう。

 

10分でも余裕があればよかったのに、あ、営業マンぽい人が具合悪そうにしている、でも行かねばならないと、営業先に向かいました。

 

その後彼がどうなったかはわかりません。

 

その行いには今でもとても後悔しています。

 

そして、自分も冷たい人間であり、社会も責められないのでした。

 

自分が元気で、時間に余裕を持たなければ人には親切にできないと、それだけは強く思います。

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。体調を崩さない限り毎日更新しています。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。