スポンサーリンク

 

 
こんにちは、RealKei JPです。
 
 
潰瘍性大腸炎歴約30年の現在寛解状態の私が実践しています食事法・健康法の11のルールの説明です。
 
 
11のルールについては、こちらをお読みください。 >>  「世にも美しいミニマリストダイエット」11のルール【2017年6月初旬時点】
 
 
今回は、「01. 毎月の通院と薬の服用を忘れずに」、について。
 
 
落ち着いている人だと四半期、半年に一回、ということになると思います。
 
 
なんにせよ、検査設備の整った(←潰瘍性大腸炎の場合これとても重要)病院の主治医をもち、定期的に体の状況を報告し、薬が必要ならば…、現状潰瘍性大腸炎には必須と言われていますが、服用はすべきと考えています。
 
 
なぜなら、何かあったとき、主治医がいてこそことが進むからです。自分が苦しまないためです。
 
 
薬については、否定的な人が多くいるのも知っているし、私も長い間その気持ちでいっぱいでしたが、現在は主治医が処方した薬を服用をした方がいいと考えています。
 
 
毒と薬は表裏一体であること、西洋薬であろうと漢方薬でだろうと副作用はあるわけだから、ここは、その医者を選んだ自分を信じて委ねるのみです。
 
 
また、病院と製薬会社の関係、病院と国との関係、それを考えて薬に否定的ということもあると思います。
 
 
しかし、この世は資本主義という空気でなりたっているので、何もかもお互い様、利権、及び、誰が一番徳をしているかをしっかり把握しつつ、巻かれるものに巻かれてしまっても良いのではないでしょうか。
 
 
インターネットを利用し、英語圏の情報まで利用すれば、様々なことがわかる時代になっています。
 
 
発症7年後から20数年は潰瘍性大腸炎の薬なしで過ごし(正確に言うと最終の1年くらいは漢方の名医と言われる人に薬を処方してもらっていた)、一時は潰瘍が消えかかったこともありましたが、結局発症29年目に再燃し、辛酸を舐めましたし、その後のリハビリ生活も二度と御免という歴史があるので、月に一度の通院と、一日二回の食後のメサラジンは欠かせません。
 
ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、自由業在宅リモート職(Webマーケティング、翻訳) / Plenitude Interactions LLC / 放送大学科目履修生 / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 発症歴31年、ナルコレプシー、強膜炎、反応性低血糖症 / 水4L海塩25gとバターとリノール酸油と青菜を大量摂取、9kmウォーキングと軽い筋トレ、睡眠7.5時間をとることが健康維持のための日課 / 陸生哺乳類肉と米と芋と木の実と砂糖とアルコール摂取は以前にやめた / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (10/30/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。