スポンサーリンク

 

宮木あや子著『花宵道中』を読了。

 

宮木あや子 花宵道中

 

 

江戸末期の吉原遊女を描いた小説。短編を読み進めていくと、登場人物の人間関係がわかってくる。

 

子どもの時に身売りや人さらいで吉原へ。ある一定の年齢にくると、昼も夜も体を売る遊女となる。

 

貞操観念がないと言われた江戸時代だが、儒教と西洋文化の影響を受けた現代の日本に生きる私としては、なんともな気分。

 

小説自体は、とてもおもしろかったですよ。

 

しかし、遊郭については思うことあり。

 

聞くところによれば、かつての日本は、母になった女性が中心、男性が女性を通い、家に入るのは男性だった。

 

ところが、儒教の影響で、女性の身分は格下へ。男性の家に女性が入ることが当たり前となる。春を売る商売は10世紀頃から始まっているらしい。

 

私は遊郭もその延長と考えている。

 

借金をかたに、客を受け入れることしか道がないなんて、悲しすぎる。

 

開国して西洋文化が入り、春を売ることは後ろめたいこととなる。

 

どちらにしても、男性社会が作った女性への無意識の人権侵害だ。

 

この作品は、コミックや映画の原作にもなり、エンターテインメントとしてとても人気があるようだけど、アマゾンリヴューを見ると、遊郭は過去のものとしているコメントが多い…。

 

男女不平等な現代において、今も続く社会問題なのに。

 

春を売る仕事、現在は風俗と言う、に就いていなくてもだ。

 

女性と男性の社会的地位が同じになるには、大昔の日本のように女性が中心になり、通い婚になると平和になるだろう。

 

これはちょっと極端ですが。

 

もしくは、結婚の際、男性が女性の家に入り苗字が変わるのは男性、女性が男性の家に入り苗字が変わるのは女性、という率が半々な世の中に。

 

そうでもなければ、この世は、永遠に、ずーーーーーーーーーーーーーーっと男性社会でしょう。

 

日本政府は、企業に女性幹部の地位を作ることを「強制」させることよりも、結婚制度において、男性が女性の家の婿になることをプロモートしていったほうがよいと思うんですがね。

 

そこまでを考える一冊だった。

 

同時に、遊郭で働いた人達が成仏できるよう切に願う。

 

 

 

 

ブロガー、リモートIT職、選書家、音楽配信、書籍企画 / Plenitude Interactions LLC / HipHop、アフリカンアメリカン文学 / ミニマリスト / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎 / 2017年10月より約20年ぶりに学生(通信制大学科目履修生) / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンはマジョリ画の妖艶な女帝 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com / 現在、仕事のための勉強と大学の勉強でせわしく過ごしているため、通常の投稿がしばらくの間、週1-2回ペースになります(11/06/2017)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。