スポンサーリンク

大好物「小松菜とパクチーともずくとバターをたっぷり使った揖保乃糸素麺スープ」を久しぶりに作りました。

 

 

 

調理方法はとても簡単です。

 

用意するのものは、小松菜、鶏ひき肉(牛や豚が食べられる方はこれらのお肉を使っても美味しいかと)、もずく、天日海塩、パクチー、シソ、適当な油(私はひまわり油)、バター、揖保乃糸。

 

小松菜と鶏ひき肉ともずくを塩と油でいためて、火が通ったらフライパンに水を入れ、沸騰したらそのまま素麺を入れる。

 

別途、パクチーとシソを切っておく。

 

素麺が茹で上がったら、フライパンの中身を器に移し、バターを入れて、パクチーとシソをちりばめる。

 

5-6分もあれば作れます。

 

バターが溶ける前に食べるのがよいです。

 

また、素麺を別の鍋で茹でるということが正統な調理方法かもしれませんが、そのままでも美味しいです。

 

胡椒を含むスパイスを体内に入れることを普通にしている方は、香辛料を使うと味にパンチが出るでしょう。

 

揖保乃糸素麺を使う理由は、長崎島原の素麺もおいしいのですが、「そうめん、やっぱり揖保乃糸」だからです。

 

 

 
ブログに関するお知らせ

2021年1月から投稿を再開しました。

2月12日の春節前までに生活ブログに完全に切り替わり、娯楽に関する投稿がなくなります。