スポンサーリンク

 

『ぼくは勉強ができない』は、1993年発行の、小説家、山田詠美さんの作品である。

 

発売当時の大学時代、何度も読み返した一冊だ。

 

秀美くんは、物語の中の主人公で、素敵で大人な母と物知りの祖父と生活する、男子高校生。桃子さんという年上の恋人がいるというおしゃまさんだ。

 

以下は、ある日の集まりでの会話。

 

A :「「ひでみ」の漢字は『ぼくは勉強ができない』の「ひでみくん」の「秀美」ね」。

 

B :「うん、そうそう」。

 

C :「なるほど。時田秀美ですね」。

 

D (私の頭の中): ( 桃子…。)

 

世代を超えて、共通のキーワードを持つ人と過ごせることは、実に心地良いと感じる私だった。

 

 

 

 

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。体調を崩さない限り毎日更新しています。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。