スポンサーリンク

 

手の美しい女(ひと)を知っている。

 

Silver beautyvia Nikolai Levchenko さん

 

 

モデルでも女優でもない、普通の会社員の女性で、ビューティ系の仕事をしているわけでもない。しかし、手のモデルができるのではないかと思うくらい綺麗。年は私よりも少し若いけれど、アラフォーの年には突入している。

 

彼女と一緒にいると、気がつくことがある。水を使ったらこまめにハンドクリームを塗る。本当に美しい手。普段は、外食が多く、料理を滅多にしないそうだから、水仕事は少ないということもあるかもしれないけど、朝昼晩、一日三回しかハンドクリームを塗らない私は、彼女のことを立派だなあと思っている。

 

この習慣は三十代に入ってから身につけたらしいが、慣れてきた頃には、人に手がきれいと褒められるようになっていたそうだ。

 

彼女に会った後は、ハッとして私もハンドクリームを塗るが、なかなか続かない。私の習慣は朝昼晩一日三回。最近は、やっぱり少ないかもと感じている。

 

しかし、ハンドクリームを水を使う都度塗るとですね、お手洗いが近いということもあるのだけど、手に触れるもの全てに影響が出てくる。ベタベタと。

 

と、書きながら、いつだったか、爪のアクシデントで急遽入ったネイルサロンで塗ってもらったハンドクリームが素晴らしくよかったのを思い出した。全くベトつかない。

 

ある、とても有名な美の伝道師は、結婚と同時に、忙しくなって手入れをしている暇がなくなり、家事をやりながら、体の各パーツのケアができないかと考えた。手に関しても良い方法が見つかった。それはハンドクリームを塗って、コットンの手袋、そしてゴム手袋をはめて皿洗いをするというものである。

 

早速試したけど、これもまた私には無理だった。元々ゴム手袋を台所仕事をやる習慣もないし、これでは、お皿が綺麗に洗えているかわからないではないか(食洗機は持ってませんので)。

 

べたつかない、水仕事にもOKなハンドクリームを使うのみ。

 

ネイルサロンで使用していたハンドクリーム。成分を気にする人にはおすすめできないですが、最強によかった(なのに忘れていた)。 

 

 

最終更新 06/06/2015 11:10

 

 

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。