スポンサーリンク

 

4月某日、日本橋の手打ちそばのお店[元禄]へ行って来た。

 

「手打そば 日本橋[元禄]へ行ってきましたよ」

 

久しぶりにお蕎麦と張り切っていたのだが、注文直前に体調のことを考えてしまって、うどんと鳥そぼろののったご飯のランチのセットにした。蕎麦は大好きなのだが、蕎麦を食べると持病のUCが騒ぎだす。

 

動物性タンパク質が少なめだったので、若干バランスが悪い食事だったけど、味が濃い目で美味しかった。

 

「手打そば 日本橋[元禄]へ行ってきましたよ」(でも食べたのはうどん)

 

お店に連れて行ってくれた人はかなりの蕎麦通で、全国の蕎麦を食べ歩いているような人。当然ながら蕎麦を食し満足していた。というわけで、このお店は蕎麦好きにもいいと思う。

 

夜のメニューには(もしかしたら昼間も頼めるのかもしれない)、「ふぐ卵巣の糠漬け」、「鴨の陶板焼き」、「古地鳥もも肉炭火焼」などなど、興味深いつまみがたくさん。ゆっくり飲食できる余裕ができたら、是非日本酒と堪能したいものだ。

 

日本橋は会社員を辞めてからは、何かと縁のある場所。東京城西地区育ち、会社員時代の営業での仕事でもたまたま江戸の中央地域は深く担当しなかったから馴染みがなかった。でも何度も足を運ぶと、東京の中の東京はこの辺りなのだなあと感じている。

 

今後も時々日本橋で食事をすることがあるはずなので、また記録に残すとしよう。

 

 

最終更新 06/28/2015 18:20

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、自由業リモート職・時々外出(Webマーケティング、翻訳、コンサルタント・営業代行) / Plenitude Interactions LLC / 放送大学学生 / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎 / 哺乳類肉と米と砂糖とお酒は以前にやめた / バターの1日の消費量は100g / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 読書は歴史、人文思想、経済、科学、テクノロジー、外国文学を中心にだいたい100冊以上、最近になりHow-To本も読み物に加わった / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (05/27/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。