スポンサーリンク

 

次回の西欧出張に向けて、持って行く物を意識して生活していこうと思う。機内に持ち込みできる荷物一つで行くつもりであるから、アイテムは少ない。エコノミーで、身の回り品も入れて、8kg-12kg。工夫は必要である。

 

音楽レーベルを運営している関係で、それに関わる人に会うということが第一目的の旅となる。観光スポットにも行かず、夜はクラブやライヴハウスに行き、極力友人知人の家に泊めてもらい、台所も借り日本にいる時のように自炊をする、というのが、いつもの現地での過ごし方。

 

機内持ち込み手荷物だけで、冬の西欧6-8日滞在は可能になった。かさばるセーターも入れ、ロングブーツもうまくカバンに入れた。夏に少ない荷物で旅をする経験をしたことがないので、何とも言えないのだが、以下は、夏ヴァージョンの、個人的なメモも兼ねた衣類のリスト。先にお伝えしておくと、女性向けです。

 

リストをご覧になる前に、一度「手荷物一つで海外を旅するための必需品」をお読みください。

  

身の回りの荷物を入れ、現地でも使用するバッグ

普段使っている、丈夫なナイロンを使用していることで定評のあるイタリアメーカーのもの。国内外問わず、旅に出る時は、いつものバッグが良い。

 

行き帰りの洋服

01. 皺にならずアイロンの要らない素材のチュニック 

02. レーヨン製レギンス(飛行機内で快適に過すには、裾が広いパンツよりも細身のほうがベター) 

03. 履き慣れたヒールのない防水ショートブーツ(現地でレインブーツにもなる。カバンに入れると重い)

04. パシュミナストール(カシミアより数段温かく、軽い。完全にドミニック・ローホー氏の影響である。少し高価だけど年中使えるので、すぐに回収できる) 

 

カバンに入れるアイテム

05. 皺にならずアイロンの要らない素材のチュニックとカットソーを各一枚

06. レーヨン製レギンス二本

07. スカートスーツ一組(対でも単品でも着られる。旅の達人高城剛氏によると、コナカのシャワークリーンスーツは旅の時良いとのこと。大変興味がある。本当はパンツがよいが、スカートは面積が少ないし、ベルトも必要がない)

08. それなりのレストランで着られる軽い素材のワンピース

09. ダウンのコートかジャケット(2008年の夏、ドイツのニュルンベルクを訪問した際、氷が降り、寒い思いをしたので、それ以来、夏場でも温かい衣類が必要と思い始めた)

10. スカーフ 

11. エプロン(いつも忘れてしまうのでメモとして)

12. レーヨン製部屋着

13. アクセサリー

14. 絹製寝衣 

15. 下着二組

16. 水着(サーフィンができる機会が到来するかもしれないので、旅の際は一応どこにでも持っていく)

17. ルームシューズ

18. 履き慣れたフラットシューズかバレエシューズを二足

19. 7cmヒール 

20. クラブにもライヴハウスにも、それなりのレストランにも持っていける、小さな布製ハンドバッグ

 

以上のアイテムは、現地で洗濯をするということが前提となっている。レーヨンや絹製アイテムは。洗濯の仕方さえ間違えなければ旅先で重宝する。デニムを持って行きたいところだが、重いし、これまた重量のあるベルトが必要になるから持っていかない。荷物が入らなければ、07.のスーツのジャケットと、09.のダウンは着用し、18.は一足にしておく。

 

トランク利用の方だと、えええ!と思われたかもしれないけど、「身軽に気軽に移動のできる、創造的な人生を送るためのブログ」では、最小限主義(ミニマリズム)をベースにしているので、ご理解いただけますと幸いです。

 

また、私以上の旅の達人は世の中にわんさかいらっしゃると思うので、ググってみてください。

 

関連記事

スカーフを素敵に巻くための資料 

 

旅で大活躍

Annabel Lee Shanghai  http://www.annabel-lee.com/index.html

Juana de Arco  http://juanadearco.net/en/

 

『手荷物一つで旅するための衣類とバッグ』 ホアナデアルコ Juana de Arco - Bafweek 2012 from Martin Osuna
via Martin Osunaさん

 

最終更新 08/12/2015 16:05

 

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com