スポンサーリンク

ここしばらくの間、仕事と労働と生活に関わる紙、及び、デジタルの書類や資料、紙の書籍を整理しています。

 

整理というか断捨離を行っています。

 

西暦年末が近づいているからというわけではなく、業務上、書類と資料の整理をやらなければならず、そのついでに本の整理というわけです。

 

ペーパレス時代になったといっても紙の書類は私の書類棚にたっぷりあります。

 

また、デジタル化が進む世の中になったからこそ、デジタル書類もMacやPCの中にもたっぷりあります。

 

極力その都度要らないものは捨てているのですが、「ちょっと待った、とっておいたほうが」と思って留まったものは、半年、一年経つと膨大な量になります。

 

もう少し短いスパンでそれをやらないといけないなと思っています。

 

自分がミニマリストになるきっかけになったのは、今から8年も前の2010年に紙の書籍の大処分を行ったことが大きく、読書の方法もこの時から少しずつ変わっていきましたし、昨年からは図書館の利用が頻繁になりましたし、それでも、購入した本がたまるわたまるわで。

 

書類と異なり、売れる本に限ってはわずかでもお金になるから良いのですけど、売るくらいなら買わないほうがいいんですよ。

 

かと言って、物ではない電子書籍の購読や利用もします。

 

ところが、私は端末に蔵書が増えていけばいくほど、病的な恐怖症に近いような感覚をおぼえ、そうなると10冊まで読めるKindle Unlimitedでお手軽読書、紙の本の購読(今後は捨てない本しか買わないことにしますが)と図書館の利用がちょうど良いのです。

 

現状、旅や出張ばかりの生活ではないということも大きいです。

 

移動ばかりの生活なら、購読できる電子書籍もまだまだ少ない時代ではありますが、それはデジタル本の方が軽くて良いでしょう。

 

大片付けすると、気持ちの整理もできていいですね。

 

ところで、長い間、デジタル書籍より、紙の書籍のほうが内容が頭に入るのは気のせいだろうか……、とずっと感じていたら、以前にTwitterで見かけたとても頭の良さそうな人のつぶやきによると、記憶の定着力は、液晶・有機ELよりも、電子インクよりも、紙だと言っており、やっぱりそうか、と妙に納得してしまったことがあります。

 

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。体調を崩さない限り毎日更新しています。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。