スポンサーリンク

日課の水4L摂取のコツ  日課の天日海塩20g摂取のコツ 日課のバター100gリノール酸油100g摂取のコツ  日課の青菜と海藻大量摂取のコツ の続きです。

 

上記の食生活のほか、長距離ウォーキングも日課にしています。

 

9kmが目標で、ある時まではきちんとできていましたが、土日祝日は元々ゆるくしているのですが、最近の平日は短い距離です。

 

といっても長い。

 

そしてやめることはないでしょう。

 

歩ける足の持ち主の人間が歩くのをやめたら、ヒトとしては終わりと考えています。

 

そう思うことが長距離歩行のコツ。

 

そして、歩行ができなくなった頃のこと、寝込んでばかりだった頃のこと、極力毎日思い出すようにします(意識しないと忘れる)。

 

二本足で歩けるようになったから私たちはヒトなんです。

 

昨年2018年の夏の終わりから、本格的に歩くことをスタートさせ、約一か月前からnoteにも記録をつけています。

https://note.mu/9kmwlk_realkeijp

 

どなたもフォローしていないし、どなたからもフォローされていないのですが、笑、ページを見てくれている方は以外といるもので、このままの状態で続けていきます。

 

このブログに毒舌を書くと某社のアルゴリズムに嫌われるので、noteに色々を書いています。

 

当ブログではなんどもなんども紹介している以下の書籍が、私を歩く人間にさせてくれました。

宮本美智子さんの「世にも美しいダイエット」シリーズ
https://amzn.to/2U4Ate4

カバゴン先生こと阿部進さんの著作

ダニエル・E・ リーバーマン先生の『人体600万年史 :科学が明かす進化・健康・疾病』

 

これらの本は多くの人に読んでいただきたいし、宮本さんと阿部さんが診てもらっていたM先生は人類史上で考えてもすごいお方だと思うので知って欲しい(三人とももうこの世いらっしゃいませんが)。

 

古い本なので、古い情報と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

M先生が何十年も前におっしゃっていたことにようやく時代がついてきたし、この世の何もかもの慣習は交易の価値と資本主義の価値で成り立ち、日本に存在する食事方法、翻訳された本を通しての食事方法、全て「ファッション」であることが、10回以上読むとわかると思います。

 

M先生のことはこちらの投稿にも詳しく書きました。

日課のバター100gリノール酸油100g摂取のコツ 

 

水と塩の大量摂取、排泄、睡眠、少ない食材での食事、歩行に重きをおくことは、一日の多くの時間を使うことにはなりますが、テクノロジーの進化によりインターネットが身近になった私たちは、「短い時間で何かを行う」ということが可能になりました。

 

寝込んでしまったり、入院が必要で安静にしないといけなくなったり(安静=視覚聴覚から情報収集をしないでやすむ)、寝たきりや入院の日数×3の日数は養生に励みリハビリに徹しないといけませんから、何もできないので、それを避けるためにも、ヒトとしての最低限の日課「水と塩の大量摂取、排泄、睡眠、少ない食材での食事、歩行に重きをおく」ことは、心が弱い自分にとっては大変ですが、危機感を持ちながら行います。

 

「短い時間で何かを行う」ことも、先人が生み出した素晴らしい文明と知恵を自分なりにフル活用します。

 

私が本当に言いたいことはハッキリと書いていないのだけど、わかる方にはわかることだと思います。

 

そして後にも先にも活字にすることはなかったし、今後も一切ないです。

 

5日連続で、日課をこなすコツを書いてみました。

 

日課の水4L摂取のコツ  

日課の天日海塩20g摂取のコツ

日課のバター100gリノール酸油100g摂取のコツ 

日課の青菜と海藻大量摂取のコツ

 

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。2019年4月から9月まで、仕事でも労働でもないことで多忙になるため、ブログの更新が不定期となります。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。