スポンサーリンク

 

先日、「「早朝クラブで踊る」大賛成です!という記事をアップした。

 

他力本願で、誰かがやるのを待っていても仕方がないと思ったので、自分で開催することを決めた。

 

投稿後、すぐに東京城西地区の、あるクラブに連絡し、只今、話し合い中。

 

日程も決まっておらず、平日になるか週末になるかもわからないけど、年内、冬になる前に行う。時間は6:30から9:30までとか、そんな感じで。

 

会場は禁煙。朝に似合う飲み物も、お店に協力してもらって用意いたします。スムージや、美味しいコーヒーなどなど。

 

年齢的に体力の限界を感じて夜遊びできない、子育て中で夜は出歩けない、夜型生活から朝型に変わり夜とは無縁だが踊りたい、酒がなくても踊れる、酒より野菜ジュースを体が欲す、こんな人達が楽しめるパーティにしたい。

 

比較的健康的なイヴェントなら、日中、どこかスペースを借りて、飲み物を出せばと思われる人もいるかもしれない。

 

でも、それは違う。クラブでやるから意味があるのだ。

 

まず、クラブは音響設備が良いから、気持ちが良い。それにミラーボールもあって雰囲気を味わえるでしょう。バーテンダーがいるということも、「特別な場所に来た」と実感ができる。

 

加えて、早起きしてクラブへ行く、ということが新しいわけである。早起きして行動したら、誰も何も咎めることはできない。

 

自分が満足するためにも、今となっては大御所のキャリアのある人にDJをお願いする予定。皆のギャラが高額なの知っているし、来場する人達が来やすい値段にするために、ひと工夫が必要なので、そうします。

 

前日は、21時には寝て、4時半起きで、7時間半睡眠。身支度して始発で出発。お肌ピチピチの状態でガンガン踊る。イヴェントが終わっても、まだ9時半。一日は長い。いかがでしょうか。

 

詳細が決まリ次第、またお知らせします。

 

 

関連記事

「東京は夜型の街」。オリンピックまでに朝型サーヴィスが増えますように

 

 

RealKei JP

ブロガー、リモートIT職、選書家、音楽配信、書籍企画 / Plenitude Interactions LLC / HipHop、アフリカンアメリカン文学 / ミニマリスト / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎 / 2017年10月より約20年ぶりに学生(通信制大学科目履修生) / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンはマジョリ画の妖艶な女帝 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com / 現在、仕事のための勉強と大学の勉強でせわしく過ごしているため、通常の投稿がしばらくの間、週1-2回ペースになります(11/06/2017)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。