スポンサーリンク

 

木村昭二さんの『終身旅行者PT 資産運用、ビジネス、居住国分散 ―― 国家の歩き方 徹底ガイド』( パンローリング 刊)をKindle Unlimitedで読んだ。

 

 

PTとはPermanent Traveler(終身旅行者)のことであり、著者の木村昭二さんはその道の一人者である。

 

元々は、外国の大金持ちたちが税負担を逃れるために構築した「国籍」「ビジネス」「居宅」「資産運用」「余暇を過ごす場所」を分けるスタイルで、著者はこれらに加えて「寄付をする場所」を加えている。

 

自然災害や金融危機から逃れるにはもってこいの方法だ。

 

10年以上前に、木村さんの終身旅行者PTの漫画本を読んで、こんな生き方があるのだ!と驚いたことがある。多分人生で一番驚いた瞬間だったかもしれない。

 

以来、どうやったらこんな方法で生きられるかは課題であった。自分がやるか否かは別として、やり方を知りたかった。

 

インターネットにはどんな情報もあると勘違いしている人がいるみたいなのだけど、そんなことは全くなくて、移住だとかお金に関係する大切なことは、インターネットで探してもなかなか情報が得られないジャンルの一つだ。

 

だからその方法が全くわからない。

 

周りにこういう人が一人くらいいたら良いのだけど、小中高大学時代、それから社会人になって以降に関わった人たちを大勢思い浮かべたけど皆無である。

 

でもその仕組みがわかった。特にこの3-4年でどうやれば良いかということもやっと気がついた。個「人」生活だけやっていると、とても遠い世界に感じてしまうことも。

 

その間、十代から発症している疾患が再燃してしまった。多くの人と体の何かが異なるということをすっかり忘れていた29年間だったけど、リスクを知ってしまった以上、無理も無茶もできない。PTへの憧れは消えた。

 

でも、複数の国で何かをということだけは、人生120年が終わるだいぶ前に実行するのだろう。

 

日本がイヤな人は、この『終身旅行者PT 資産運用、ビジネス、居住国分散 ―― 国家の歩き方 徹底ガイド』を読んで、移動生活を目指すのがいいんじゃないかと思っている。

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、外国企業からリモートで仕事を請け負う自由業(Webマーケティング、翻訳、コンサルタント・営業代行) / Plenitude Interactions LLC / 2017年秋より約20年ぶりに学生 / 虚弱体質(潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎) / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 読書は歴史、人文思想、経済、科学、テクノロジー、外国文学を中心にだいたい100冊以上、最近になりHow-To本も読み物に加わった / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 /  お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (04/24/2018 最終更新)

 

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。