スポンサーリンク

 

今年は、ベルリンの壁の崩壊から25年である。「世の中が大きく変わる」ということを、高校生なりに新聞やTVごしに、強く感じた、生まれて初めての出来事だ。それまで、自分にとってのドイツとは、西ドイツのことであり、ボンに引っ越ししてしまった友達と、ピアノの先生のお宅で行われるクリスマス会で頂く伊東屋の包みを開けると、そこには、小さく西ドイツ製と書かれた素敵な小物や文房具があり、毎年の楽しみだった…、それくらいの接点しかなかった。社会国主義国家の東ドイツは心の中にも存在はなかった。1989年に11月に新しい時代が始まるまでは。

 

「ベルリンの壁の崩壊から25年。『東ベルリンから来た女 Barbara』を観ました」(RealKei JP 撮影 : Checkpoint Charlie)

ベルリンが東西に分断されていた時代の国境検問所、チェックポイント・チャーリー。2013年1月撮影。

 

映画『東ベルリンから来た女 Barbara』は、1980年の東ドイツが舞台の話しである。秘密警察の監視のもと、医者であるバルバラは田舎町の病院に赴任する。西ドイツの恋人と密会を重ね、自由の土地を目指し、束縛の国から脱出する準備をしながらも、同僚の医者に心惹かれ、その土地に残るか迷い、決断をせまられるという話し。クリスティアン・ペツォールト監督、ニーナ・ホス主演、2012年の作品。

 

映画『東ベルリンから来た女』予告編

       

                   Flickr : canburakさん

 

全体的に暗いのだが、主人公達は、生活の中でそれなりに明るさを見いだそうとする。人間はたくましい。また、バルバラの家には、突然秘密警察が来て捜査され、体までチェックされる。監視されるということはこういうことなのだということが伝わる。覚えておきたい感覚だ。

 

エンディングでは、Chic の”At Last I Am Free” が流れていた。

 

 Chic – At Last I Am Free

 

 

笑って映画を観たい人にはおすすめしないが、良い作品であった。

 

最終更新 07/20/2015 11:10

 

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。2019年4月から9月まで、仕事でも労働でもないことで多忙になるため、ブログの更新が不定期となります。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。