スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

桐野夏生著『ハピネス』を読み終えました。小説ですよ。

 

桐野夏生 ハピネス

 

—–

東京の湾岸地区の高級マンションに住む主人公は、マンションの住人の子持ちの母親との付き合いに閉塞感を感じていた。その上、海外赴任中の夫からの離婚を申し立て、主人公にとってのこの結婚は再婚であったとか、誰にも言えない秘密があった…。しかし、マンションの住人にもそれぞれに事情があった…。

—–

 

あらすじは、ざっくりとこのような感じです。

 

読んでる最中、ずっとハラハラドキドキ、こんな展開で、こんな結末が!という、読み応えのある一冊でした。

 

桐野さんのイメージは「「ママ友」という言葉を使わない人」だったのですが、雑誌「Very」に連載されていた小説ということで納得。

 

私には子どもがいません。周りの子持ちの友人は自ら「ママ」と言うこと、子どもを通した母親の付き合いを「ママ友」で括る世間の風潮に「?」を感じていたり、会のお誘いを受けても3-5回に一回、仕事を口実にある時から一切行かなくなりストレスフリー、という人達がほとんどなのですが、実際に小説で描かれているようなことも起きているのかもなあと、勉強になりました。

 

毎度、歩きながらも読み続けてしまうくらい、桐野夏生の世界に引き込まれてしまう私です。

 

 

『ハピネス』

桐野夏生 著

光文社 刊

978-4334772345

 

 

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、自由業在宅リモート職(Webマーケティング、翻訳) / Plenitude Interactions LLC / 放送大学科目履修生 / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 発症歴31年、ナルコレプシー、強膜炎、反応性低血糖症 / 水4L海塩25gとバターとリノール酸油と青菜を大量摂取、9kmウォーキングと軽い筋トレ、睡眠7.5時間をとることが健康維持のための日課 / 陸生哺乳類肉と米と芋と木の実と砂糖とアルコール摂取は以前にやめた / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (10/30/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。