スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

便利なアプリ、Doneを使って、日課の一部を公開しています。

 

■Done■

 

久しぶりに水を4L飲みませんでした。

 

それに気がついたのは夜にお腹が痛み出してから。

 

その時点で2Lも飲んでおらずで水分補給したら楽になりました。

 

潰瘍性大腸炎の主治医にも、水をたくさん飲むと「炎症性ポリープに物があたって生じるらしい痛み」(これは医者の診断)が解消されることは報告済みで、やった方がいいということになっていたのだけど、昨日は少々長めの昼寝をしたため、生活スタイルが崩れてしまったのでした。

 

炎症性ポリープは普通のポリープとは異なり、ひどい炎症が治った後にできる癌化しないタイプのものだそうで、私の大腸の半分はいびつな突起に覆われています。

 

大量の水は薬と肝に命じます。

 

■ランニング■

 

 

チビジョグです。

 

自分としてはあんなにスピードを出しているつもりなのに、遅いですね。

 

私は小学生までは、早生まれということもあってか、辛うじて長距離と水泳が得意であったけど運動はだめな人間でした。

 

しかし、中学生になってテニス部に入って毎日激しいトレーニングをやるようになったら、急激に運動神経が良く、足の速い部類の人間なっていきました。

 

この経験があるので、運動は筋肉がものを言うのではないかと考えており、今の速度ももっと筋肉を増やすことがポイントなのか…。

 

これでも筋肉量は30代平均です(実際の年は40代半ば)。1年と1ヶ月前の長期入院退院時は、80代の健康な人よりも筋肉がなかったのに、毎日の積み重ねでここまできたことは進歩ですから、走れるだけでもありがたくは思ってます。

 

20代筋肉量平均を目指してみるとします。

 

■潰瘍性大腸炎の食事(通常一日二食)/「自分が食べて調子が悪くものは食べない + 世にも美しいミニマリストダイエット 」がスタイル■

 

ブランチ

鶏肉ささみ(量を測るのを忘れたが100g?)、紫蘇、紅花油、海塩、(写真が切れたが)小松菜200g、パスタ80g

 

ディナー

青梗菜200g、紅花油、海塩、バケット100g、オリーヴオイル

 

■この日の気づき■

 

たっぷりの水は薬と同じ。

 

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com