スポンサーリンク

元気になる三つの食材 の続き、「1. 一日の海塩の摂取量を増やした」についてです。

 

少し前までの一日で飲む水の量は4Lでした(緑茶や珈琲は除く)。ひと月を通して4L飲めなかった時に、「膀胱炎」(自覚症状は全くなし)の数値が出るのが自分でわかってきたので、潰瘍性大腸炎の主治医からの「がんばって水を大量に飲んでください」という励ましもあって飲めるようになりました。私の場合、意識せずに飲めるのが2Lでしたから、努力して4Lなのです。膀胱炎の薬は一度処方されて飲んでみたのですがジェットコースターに乗っているような浮遊感が出て気持ちが悪くなってしまった。

 

塩は、天日の良い品(しかも高価)を適当に使用していました。現在キチキチ計っているからわかるけど、せいぜい10g程度。

 

故 三木一郎医師の食餌療法では、

「私の治療法が他と最大に違うところは、食塩を一日二十五グラム以上必ずとって欲しいというところです。びっくりしたでしょう。何を狂ったのかと思うでしょうが、これは必ず守ってください。一日二十五グラムです」(『糖尿病からの生還―合併症との戦い』(阿部進著))

「二十五グラムの塩だけとれ、というのではありません。水です。人間の体は水と塩で支えられています」(『糖尿病からの生還―合併症との戦い』(阿部進著))

「塩だけ多くとれば体に害を及ぼします」(『糖尿病からの生還―合併症との戦い』(阿部進著))

「塩は海水からの精塩がいい。いわゆる「自然に作られた塩」というものです」(『糖尿病からの生還―合併症との戦い』(阿部進著))

「塩分二十五グラム、水夏場五リットル、その他の季節は三·六を毎日続けること」(『糖尿病からの生還―合併症との戦い』(阿部進著))

「塩と水のバランスが大切です。塩がないと、水をいくら飲んでもサッと対外へ放出してしまいます。オシッコが多いのは、塩不足によるものです。塩と水がバランスをとってくると体にむくみがきます。むくみがくれば体内の血管が軟らかくなり、血流がきれいで水分たっぷりの好ましい状態になります」(『糖尿病からの生還―合併症との戦い』(阿部進著))

「自然海塩やったら一日30g、水に溶かして飲むのや」(『癌からの生還―M式免疫療法の秘密』(阿部進著))

「水は3.5lから5l飲みます」(『癌からの生還―M式免疫療法の秘密』(阿部進著))

「夏場になったら6l」(『癌からの生還―M式免疫療法の秘密』(阿部進著))

「水1lに対して天然塩9gを入れて0.9%の塩水を作って飲むのです。海水の中の塩分は約2.7%です。1lで27gです。それは海水の約三分の一です。とにかく一日二十四時間平均して飲むことが大切です。」(『癌からの生還―M式免疫療法の秘密』(阿部進著))

「自然海塩がいいのは、不純物だからなの。海の水を水分だけを蒸発させた残りだから。イオンバランスがいい。ミネラルなどカラダにいいものが残っているから。地球上の生物のすべてがもともと海から発生していて、海の水のバランスのもとで生きているんです」(『世にも美しいダイエット カラダ革命の本』(宮本美智子著))

このように、水と塩がとても重要。

 

宮本さんの「FRAU」での連載や著書で三木一郎医師(M先生)を知ったのが二十年以上も前のこと。長い歳月をかけて、故 宮本美智子氏、カバゴンこと故 阿部進氏らの著作を通し、三木一郎氏医師が言っていたことが理解できるようになっているけど、塩を20-25g以上とるということをちょっと軽くみていたり、上記の良い海塩(しかも高価)を使うことだけに満足していたかもしれません。

 

自分なりに塩についての専門書籍を読み漁り「塩なしでは本当に生きていけない」ということを痛感し、藁にも縋る思いで、三木一郎医師が言う通りにしたら、まあこうも元気になるかというくらい体力がでてきたから不思議です。まともなヒトになった気分。

 

塩を増量したから水も一応1Lアップして5L。

 

改めてブログに三木医師の言葉を書いてみたら、5L飲むなら45g海塩になるとも気が付き、まだまだ私は塩が足りないですね。

 

加えて、0.9%の塩分で作った水を料理にそのまま使ってしまえば、平均的に塩がとれるとも思い付きましたので(使った水は、塩なし水を後ほど飲むとして)、今日からそのかたちにします。

 

昨日は手頃な値段の天日塩を近所のお店で発見しました。アマゾンより安かった!南欧の塩は好み。

 

これまで使ってみた良い海塩

 

 

 

 

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、自由業在宅リモート職(Webマーケティング、翻訳) / Plenitude Interactions LLC / 放送大学科目履修生 / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 発症歴31年、ナルコレプシー、強膜炎、反応性低血糖症 / 水4L海塩25gとバターとリノール酸油と青菜を大量摂取、9kmウォーキングと軽い筋トレ、睡眠7.5時間をとることが健康維持のための日課 / 陸生哺乳類肉と米と芋と木の実と砂糖とアルコール摂取は以前にやめた / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (10/30/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。