スポンサーリンク

 

Hair Curlers : Beyoncé

Hair Curlers : Beyoncé

 

 

台湾の旅に出る知り合いから、ホットカーラーはどうしているかと尋ねられた。

 

私は、持って行くとしたら、自宅で使用している下記の製品を持参。

 

10年くらいは使っている松下電工の製品だ。

 

ロングセラー商品らしく、アマゾンでも売られていた。

 

 

荷物をかさばらないようにするため、クリップをつけた状態のカーラーを四つの棒にさしたままカバンに入れる。

 

通常、私のロングヘアを巻き髪にする時は、カーラーは八個必要だけど、コンパクトな荷物にするため四つまで。

 

現地では四カ所をしっかり巻いて、カーラーを頭から取り外し、それから再び温めて使用する。

 

私と縁のある国は、電圧のせいか日本よりもすぐに熱くなる(!)。

 

彼女には、ホットカーラーを持参せず、現地の美容院でシャンプーブロウしてもらうのも良いとすすめた。

 

ホテルでのバスタイムの時間短縮にもなるし、一日中綺麗なままだ。

 

ただしシャンプーが上手かどうかは不明…。

 

ブロウに関しては、シャンプーが上手でなくても、人にやってもらうと頭皮がひっぱられて気持ちがよいものだから、美容院にきたかいがあると感じる。

 

また、カーラーやコテを使った巻き髪セットがブロウに含まれるということもある。ラッキー!

 

また、美容院の人との会話も、言葉が通じても、通じなくても、とても良い思い出になることでしょう。

 

 

 

2015年10月3日から10月9日までで、よく読まれている記事のトップ10

01. 手荷物一つで海外を旅するための必需品

02. 手荷物一つで旅するための衣類とバッグ

03. あるミニマリストの靴のリスト

04. ミニマリストになるための、15のレッスン

05. ミニマリストが普段持つバッグについて

06. 50巻は発売間近? 美内すずえ氏が津田大介氏との対談番組に出演【追記あり】【※2014年の投稿です】

07. ドミニック・ローホーさんに見習い、物のない部屋にする

08. 女性の旅の荷物をコンパクトに変える3つの方法

09. 彼女は元気で暮らしている

10. アジア系女性が美しいスモーキーアイをつくるには…

 

 

RealKei JP

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com