スポンサーリンク

 

毎日アップするのは、むつかしいが、潰瘍性大腸炎を患う私の一日の食事を公開し続けてみようと思う。私は医師でも、病気のことをよくわかった栄養士でも、はたまた、免疫学の専門家でもないが、同じ病を患う人が、毎日の献立に悩んだときに参考になればと考えた。

 

このブログで、何度も登場する持病の潰瘍性大腸炎は、26年来の私の友達だ。規則正しい生活をしようが、食事に気をつけようが、彼は突然訪問してくる。やって来るのは良いけど、暴れだされるとやっかいである。気分も落ち込みどうしようもなくなる。暴力は犯罪だと言っても、彼には伝わらない。患っている人だけがわかる比喩的表現。美しい話しでないから、患っていない人には話せない。アフリカから新大陸に労働力として無理矢理に連れて来られた人々が、身を守るために使った暗号のような言葉や歌や踊りのように、当事者でないとわからないことが世の中にはたくさんある。

 

薬はとうにやめている。ペンタサの時代だから、随分古い。薬漬けにされ、この薬がヤバいものだとわかった二十代前半、食事で症状を和らぐ方法を人体実験してきた。世間で良いとされている食材が自分に合うかと言ったらそうでないこともよくわかった。医師は薬を拒否するなら我々は何もできないと言うだけだけだから、ありとあらゆる民間治療院に行き、十数年前から、鍼灸に落ち着いた。今は、どこかの箇所にウィルスが入り、泣くほどの痛みを伴う時以外は、薬は飲まない。かかりつけの鍼灸師に言わせれば、免疫力を高めておけば、そういったことを防ぐこともできると言う。確かにそうだ。がんばり過ぎた後、落ち着いた頃にろくなことがないから。

 

これから先の人生において、自分の身に何が起こるかわからないけど、睡眠39%、食事20%、鍼灸20%、人とのコミュニケーション20%、西洋医学1%、こんな割合で潰瘍性大腸炎が他のものに変わらないようにしたいとは思っている。でもなかなか大変だ。睡眠に関しては、最近アップを怠っているが、100日の間で「質の良い睡眠を習慣化する」という自分キャンペーンをずっと続けている。このブログによく来てくださっている方はご存知かもしれないが、苦労している。食事に関しては、決めたルールのうち8割くらいは守れている。鍼灸は通って、家でもできることをやるのみ。人とのコミュニケーションは、口頭、接触、いろいろだけど、大切な人たちとの関係は大事にしなければならない。西洋医学は、薬を与えず、鍼灸治療を大切にするドクターに会うまでは、1%だけ信用し、可能性の中に残しておくとする。

 

食の基本ルールは、過去の投稿、明日からデトックス生活をご参照いただければと思う。この食生活に海塩、岩塩、加塩食材が加わった食事が、私が続けている潰瘍性大腸炎の食事だ。また、『ダダモ博士のNEW血液型健康ダイエット (集英社文庫)世にも美しいダイエット カラダ革命の本』なども参考にしている。世にも美しいダイエット カラダ革命の本』は、著者が体験する、いわゆる三木療法である(刊行当時は、M医師で登場)。賛否両論のある食への考え方がだが、マイケル・ポーランが、『雑食動物のジレンマ 上──ある4つの食事の自然史』で、牧草を消化できる胃の作りをしている牛に、人間の都合でトウモロコシを与え、それが出荷され我々の食卓に運ばれ、人間(アメリカ人)は、トウモロコシで体ができあがっているのではないかと言及している。穀類の人工栽培は、人類の歴史に比べたら歴史が浅いわけなので、病気が生み出されるのも当たり前という考え方。炭水化物や糖質がないと正直お金がかかって仕方がないのだけど、数々の難病を治した三木医師の言うことには一理あるんだと思う。ただキチキチやると、私の性格上精神的に負担がかかるので、免疫学からのアプローチであるダダモの言うことをミックスさせている。

 

第一回目なので、説明が長くなってしまったが、潰瘍性大腸炎、及び、近い病である、クローン病の方、精一杯やってゆきましょう。

 

02/22/2014

朝食

わかめの味噌汁(だしは通常昆布と煮干し)、ぬか漬け、はっさく

UCもちのアラフォー女の食事 vol.1【潰瘍性大腸炎 食事1】

 

昼食

強力粉、生乳ヨーグルト、玉子で作ったパンケーキ、バタ、無糖ベリージャム

UCもちのアラフォー女の食事 vol.1【潰瘍性大腸炎 食事2】

夕食

お寿司

晩酌

日本酒一合、白ワイン2杯

 

終わり。

 

【追記】

2015年7月下旬に、私にとっては、最も調子のよい三木式食事法に切り替えました。

関連記事 M式(三木式)療法「世にも美しいダイエット」を再開します!

最終更新 07/25/2015 09:18

ブロガー、リモートIT職、選書家、音楽配信、書籍企画 / Plenitude Interactions LLC / HipHop、アフリカンアメリカン文学 / ミニマリスト / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎 / 2017年10月より約20年ぶりに学生(通信制大学科目履修生) / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンはマジョリ画の妖艶な女帝 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com / 現在、仕事のための勉強と大学の勉強でせわしく過ごしているため、通常の投稿がしばらくの間、週1-2回ペースになります(11/06/2017)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。