スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

一日前に、ふんわりと投稿した、現代のおもしろみのある人について 、思いの外アクセスがありました。

 

Kindle Unlimitedで扱っている「自己啓発書」ジャンルの本を読み忘れ(この手の本を読むことは習慣というわけではないので)、当然、備忘録とかリヴュー的なことも書けないから、何か別のことをと思いついたのが、現代のおもしろみのある人について でした。

 

せっかくなので、一つひとつ検証しようと思います。

 

今回は、政治を母と思っていない人はおもしろい、について。つまりは、独立独歩のマインドで行動している人達。

 

世の中を見回すと、政治を自分と母と考えている人が実に多い。だから母に訴えることが多かったり、マザコンのようにべったり。

 

不死身と考えている母がなんとかしてくれると考えているから、両者共に自分では何もやらない、何も生み出さないことも特徴。

 

一方、そのやり方では永遠に母親呪縛からは離れられず、母に頼らず何かをしようとする人たちも大勢います。

 

大抵の場合この人たちはクリエイター、正確に言うと新クリエイターの人達。

 

かつてのクリエイターは権威ありきの仕事のやり方だったけと、新クリエイターなるものは、インターネットの出現でその時流に乗って独立独歩の道を歩みます。

 

人の人生は他人のもの。私の人生は私のもの。他人も私もいつかはお迎えがきます。

 

それならば、新クリエイター達が醸し出す、未来を考えたクリエイティヴィティに触れていたいと思います。

 

 

最終更新 06/29/2017 09:00

 

ブロガー、リモートIT職、選書家、音楽配信、書籍企画 / Plenitude Interactions LLC / HipHop、アフリカンアメリカン文学 / ミニマリスト / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎 / 2017年10月より約20年ぶりに学生(通信制大学科目履修生) / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンはマジョリ画の妖艶な女帝 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com / 現在、仕事のための勉強と大学の勉強でせわしく過ごしているため、通常の投稿がしばらくの間、週1-2回ペースになります(11/06/2017)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。