スポンサーリンク

こんにちは、RealKei JPです。

私はものぐさな性格なので、極力、アイロンの必要のない洋服を着用します。

乾かすのに時間がかかるけど、パーカーが大好きです。パーカーは、なで肩の私の肩をカヴァーしてくれるのです。

しかしながら、パーカーでは自分が居心地が悪い場所があります。

それは、男性がシャツ、または、ジャケットを着ている場です。

己の所有欲を満たしたい雄が、賢明に振舞おうとする場で、雌という女性が生き抜くには、同等の衣類やふるまいが必要という考えを持っています。

というわけで、男性と同じようなシャツや襟のあるブラウス、もしくは、そこそこのデザインのワンピースが理想的です。

でも、これは、理想なだけであって、アイロンは必須となりますので、私はパスです。

めんどうだからです。

ずっと、男性のシャツかジャケットに見合う、アイロンのいらない衣類が何かを考えていました。

この一年で名案が浮かびました。

それは、タートルネックのカットソーやセーターで、体にぴったりするものです。

皇室やどこの国の王室の女性たちの衣類を観察していても、高貴な方々は、ダボっとした衣類は着ずに、体にフィットしたものをお召しになっていますから、フォーマルな衣類はピタッとだということにも気が付きましたし、外国の大女優も、オフィシャルなビジネスの場で、フィットしたタートルネックのを着ているパターンが意外に多かったりもします。

昔は、オーヴァー35の外国著名人がタートルネックを着ていると、「年齢がわかりやすい首筋を隠したいからだ」としか考えておらず、たしかに、その側面はあるかもわかりませんが、エレガントに見えるので、男性のシャツやジャケットと同等になるのだ、と今は思います。

アイロンをかけないで、フォーマルにエレガントに見える衣類は、体にフィットするタートルネックくらいでしょう。

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。2019年4月から9月まで、仕事でも労働でもないことで多忙になるため、ブログの更新が不定期となります。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。