スポンサーリンク

 

二年前のちょうど今頃、私は持病である潰瘍性大腸炎がひどく再燃し、4月になってすぐに入院することになった。長い間を病院で過ごした。

 

入院中の筋肉の衰えは凄まじかった。気分の良い日に調子に乗ってフラフラ歩いていたら転倒し、看護師さん達には大変な迷惑をかけてしまったこともあった。

 

退院が決まってからはリハビリの専門家からの指導を一週間ほど受け、それから日常生活を始めてみたけど入院している時とは違う辛い期間が待ち受けていた。なぜなら体が思うように動かせないから。

 

外出する時はスニーカーが必須となった。それまでの私のスニーカーの履き方は「地元でだけ」というのが鉄則だった。でも、転倒防止のためには、バレリーナシューズよりもスニーカーの方が断然いい。

 

段差を上がる時、横断歩道や踏切を渡る時、安定感のある履物が身を守る。

 

高いヒールの靴は東日本大震災が起きた2011年3月11日をもって、私の日常から存在を消してしまったのはとても良いことだった。

 

スニーカーが普通になってからは、二つのメーカーで買う型番をいくつか決めて、それらばかりを購入している。

 

そんな調子で購入を続けていたらすっかり白いスニーカーが増えてしまった。

 

増えてしまう理由は私が汚れを綺麗に落とせず、次へいってしまうということが理由だ。

 

白い靴専用にしているブラシや靴クリームで磨いても、白い革と白いゴム部分についた汚れはなかなか取れない。

 

ところが、ふと、消しゴムを利用するのはどうかと思ってスニーカーをこすってみたら、おお、落ちるではないですか。

 

この方法で手入れをすれば、汚れたら次の靴を購入ということにもならないし、かかとの減りに妥協できなくなったところで潔く処分ができる。

 

ネットでも調べてみたら、ポピュラーな方法なのですね。

 

私には3歳半離れた妹がいるのだが、彼女にこの話しをしてみたら、我々が小学生だった頃、姉は妹に「スニーカーのゴムの部分の汚れは消しゴムで取れる」と言っていたそうで、あなたから言われたことが私の常識になっていますがとのことだった。姉は何十年と「消しゴム=鉛筆で書いた字を消す物」と固定されていたらしい。

 

万能道具を生活の中で見つけられてよかったです。

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、外国企業からリモートで仕事を請け負う自由業(Webマーケティング、翻訳、コンサルタント・営業代行) / Plenitude Interactions LLC / 2017年秋より約20年ぶりに学生 / 虚弱体質(潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎) / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 読書は歴史、人文思想、経済、科学、テクノロジー、外国文学を中心にだいたい100冊以上、最近になりHow-To本も読み物に加わった / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 /  お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (04/24/2018 最終更新)

 

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。