スポンサーリンク

私のミニマリスト生活の定義は、「ヒトらしい生活」が基準になっており、睡眠や睡眠時間の確保もその一環にあります。

 

寝つきはとてもよく、寝たらもう朝です。

 

時々、レム睡眠の波が下がっている時に、アメリカ軍の飛行機の爆音で目が覚めてしまう時もあるのですが、それ以外はぐっすりです。

 

夜中だからの演習なのかそれはものすごい音でして、東京23区で育った私は、敗戦国日本の東京23区と地方(神奈川県)の差はこんなところにあるなあと驚いたものです。

 

一日の水の量をあげた時はお手洗いで何度も起きましたが、塩を大量に摂取することで解消されました。

 

寝る時は、目覚まし時計は使いません。

 

本当はよろしくないのですが、ベッドに入ったら電子書籍を読みます。

 

読みながらうとうとし、寝落ちする直前にがんばって時刻を確認し、機内モードにセットすると、もう6時間後か7時間半後です。

 

眠りの時間終了。

 

午前中に用事がある時には目覚ましを使用します。

 

その時は「6時間+15分」または「7時間半+15分」にセットしておきます。

 

普段眠くなったら寝る生活をしているので、強制的に寝なければならない時は保険で15分足します。

 

こんな睡眠だからなのか、持病のナルコレプシーの睡眠発作以外では、全く眠くなりません。

 

あくびも出なくて快適です。

 

睡眠がしっかりしていると、満足感が高まり、よくもわるくも物欲がなくなり(購入した時よりも同等か高く売れる物は別)、消耗品にお金と時間をかけることに無駄を感じ、一方長年かけてきたからこそその「無駄の無価値」を痛感するわけで(つまり中年期に突入した人生のキャリアによる)、「眠くなったら目覚ましなしでぐっすり寝る」ということは、ミニマリスト生活をするためにとても有効だと考えています。

 

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。