スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

普通の投稿が久しぶりになりました。

 

目の調子(持病の潰瘍性大腸炎ならではの合併症の強膜炎という眼病であることもわかりました)が漢方で少し落ち着いたと思ったら、片目だけに強い痛みを感じるようになり、少々不自由な生活を送っています。

 

最新の漢方の専門医師の診断によると、症状が緩和される段階で片方だけにきてしまう場合もあるそうなので、引き続き同じ薬を飲んで様子をみます。

 

医師からの日常生活でのアドヴァイスとしては、

食事:体を冷やすので牛乳と甘いものは避ける。

睡眠:22:00から04:00が人間にとっての睡眠のゴールデンタイムなので遅くても23:00までには寝る。

ということでした。

 

これらは、脈診、舌診、腹診、血圧計測をやっていただいた上での私への助言ということにはなり、他の患者さんへの対応は全く不明。

 

西洋医学で診断されている疾患名は、潰瘍性大腸炎、強膜炎、ナルコレプシーです。

 

食事に関しては、私はミニマリストらしく、以下の食生活で日々を過ごしているので、担当医が避けるようにと言うものは普段から口にしていないので問題はありません。

 

=====

【日々のメインの食材】小松菜か適当な菜っ葉を200-400g、魚介類、鳥類、良い海塩、バター、紅花油、オリーヴ油、適当な実野菜野菜を食べたいだけ、適当な香草

【時々口にする】パスタ・うどん・素麺・バケット・塩クラッカー

【絶対に口にしない(下血したり、体調不良に陥るため)】哺乳類肉、ココナッツ油、胡麻油、発酵バター、米、玄米、蕎麦、牛蒡、鯛のアラ、白菜、牛乳、ヨーグルト、豆腐

【口にしない】全粒小麦、ライ麦、芋類、豆乳、納豆、黒豆、木の実、レモン・カボス・ライム・すだち・ゆず以外の果物、胡麻、かぼちゃ、人参、蓮根、たけのこ、アヴォカド、砂糖、蜂蜜、酒、味醂、酢、生乳ヨーグルト、生クリーム、卵、魚卵、内臓肉、缶詰、干物、法蓮草、キャベツ、大根の葉、からし菜、生姜、葱、玉葱、きのこ類、唐辛子、スパイス全般、市販のお惣菜、パスタ・うどん・素麺・バケット・塩クラッカー以外の小麦粉加工品

10/14/2017時点

=====

 

気をつけていく点は睡眠でしょう。

 

私は午前中に用事がない限り目覚ましを使いません。このところは床に入って6時間30分後に目が覚めるのが常なので、21:30にベッドに入れば、先生がおっしゃるゴールデンタイムに重なるということです。

 

現在の就寝時間はだいたい01:00くらいなので変えるのはなかなか大変なことですが、目の痛みで日常生活に影響が出ている以上、実行のみですね。

 

 

 

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、自由業リモート職・時々外出(Webマーケティング、翻訳、コンサルタント・営業代行) / Plenitude Interactions LLC / 放送大学学生 / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎 / 哺乳類肉と米と砂糖とお酒は以前にやめた / バターの1日の消費量は100g / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 読書は歴史、人文思想、経済、科学、テクノロジー、外国文学を中心にだいたい100冊以上、最近になりHow-To本も読み物に加わった / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (05/27/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。