スポンサーリンク

 

何かをコツコツ、短時間でもやり続けると、物事が見えてくることがある。

 

出版社に勤めていた会社員時代、企業に属さず生きている人々が書いた本の担当をしていた。

 

知人を介し、人間がおもしろい、文章がおもしろい、教え子がたくさんいる、ということで執筆をお願いした著者の職業は、それまでの私には近そうで遠い世界だった。

 

つまりは最初はわからなかった。

 

専門性の高い分野の著者が書くものだから、注の多いつくりにした。私自身がその分野に詳しければもっと理解できるのにとは思った。

 

元々、引き込まれるような文章を書く人だったし、スタッフにも恵まれたので、良い本の仕上がりとなる。今では、著者のファン達から「バイブル」と言われるくらいに。

 

本が出てから6年、最低でも週に1-2回、著者の情報は、どこかしらで発信をしている。

 

古巣の出版社とも、正式にそういう取り交わしをしているから、会社を辞めてからもずっとだ。

 

著者と担当編集者や企画者の関係は独特で、少なくとも、中小の出版社知った編集者を見たところ、その会社を辞めても、著者と出版社をつなぐということは、だいたいにおいてポピュラーである。

 

似たようなシチュエーションの業界の人以外はなかなか理解されない世界だが、書籍編集という仕事は、まさに著者の霊媒、メディウム(メディア mediaの単数系のmedium)だから切ってもきれない。

 

そして、その本を時々再読する。

 

不思議と。

 

生活していて、街にいて、その著者の世界があることに気がつく。

 

なぜ気がつけるかと言ったら、本に書かれている専門分野の言葉の意味がわかってきたことと、私自身が、その分野へめっきり興味がわいたことが大きい。情報と意識はマジックだ。

 

だから、本に深みが増してゆく。

 

小さな積み重ねとは漸進だと感じている。

 

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、外国企業のリモート仕事を請け負う自由業(在宅ワークと時々外出) / Plenitude Interactions LLC / 2017年秋より約20年ぶりに学生 / 虚弱体質(潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎) / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 /  お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (03/02/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。