スポンサーリンク

 

以下は、簡単に作れるリンゴのおやつの作り方である。

1. リンゴの皮をむき、適当な大きさに切る。
 
2. フライパンなり無水鍋に入れ、絞ったレモン水を適当に入れる。
 
3. 蓋をして適当な柔らかさになったら火をとめる。
 
4. 出来上がり。
 
切ったリンゴをフライパンに入れるだけ
リンゴ4個分。レモンがなかったので、かぼすを使用。
 
 
簡単に作れる砂糖を使わないリンゴのお菓子
 
バタを添えるとお菓子度が増す。シナモンをふりかけるとおやつ感が倍増。メープルシロップや、蜂蜜をかけなくても充分甘い。
 
写真の説明にも書いたが、バタを添えるとお菓子度が増す。バタは魔法だ。
 
お弁当のデザートにもなるので大量に作っておくと便利である。日持ちについては作った方の判断でお願いする。おそらく砂糖を使ったほうが保存はきくはずだ。
 
ちなみに私がButterを「バタ」と表記するのは石井好子著『バタをひとさじ、玉子を3コの影響。
 
 
 
また、バタを絶賛する映画はこちら。『ジュリー&ジュリア』。

自分で料理をする、食いしん坊の人ならおなじみの二作だ。リンゴのお菓子とともに是非お楽しみいただきたい。
 
 

 

〈Bloggerを利用していた頃の記事です〉

 

 

最終更新 09/30/2014 16:14

 

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、自由業リモート職(Webマーケティング、翻訳) / Plenitude Interactions LLC / 放送大学学生 / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎、反応性低血糖症 / 水4L以上、海塩25g以上、バター100g、リノール酸油100cc、青菜400g以上摂取し、六千歩以上のウォーキングと軽い筋トレ、睡眠7.5時間をとることが健康維持の毎日の目標 / 陸の哺乳類肉と米と芋と砂糖とアルコール摂取は以前にやめた / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (08/25/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。