スポンサーリンク

 

私が考える、同性の美人の条件は、鼻筋が通っていること、歯並びが良いこと、眉毛が美しいことだ。この三点が揃って美人とカテゴライズされる。肌が綺麗であれば、絶世の美女と、ランク上げするだろう。

 

そして、美人とかそうでないかの以前に、笑っていない状態の人間の顔で、印象を左右するのは、どこのパーツよりも眉毛であるということが、最近になってわかった。男性に対しても同様だ。

 

というのも、自分の眉毛が変わってきたから。いや、変えたのだ。2年と半年もかけて。

 

私の世代で影響力のあったファッションアイコンといったら、80年代の終わりに出現したスーパーモデル達だ。ナオミ・キャンベル、リンダ・エヴァンジェリスタ、シンディ・クロフォードなど。

 

また、90年代に入るとヴァネッサ・パラディが登場する。いまだに、スキっ歯が気になるが、西欧人らしくてかわいい。

 

みんな眉毛が細かった。

 

私が好んで聴くR&Bシンガーやラッパーの女性達も、90年代初頭はまだ太い眉の人もいたけど、80年代のゲジゲジ眉毛の1/10くらいじゃないかというくらいの眉が主流だった。アフリカ系の人は薄めに描くのも特徴だった。

 

それは私も影響を受けます。ファッショナブルな女友達、ヒップホップ好きな女友達、まあ、見事にみんな細眉だった。

 

友人達は抜くということを行っていたけど、私は、眉毛用のはさみとシェイヴァーを使って整えることが毎朝の日課となった。

 

21世紀になり、時代の眉の形にするのも「太さを描き足す」ということで対応していた。

 

ところが、2年半前のある日、奇特な絶世の美女の友達が、剃ると顔がきつく見えるわよと言ってくれた。私は、常におでこを出すヘアスタイルにしているから、今思えば、顔で最も目立つのが眉毛だったのだろう。眉毛美人になると一大決心をした。

 

まず日課となっている行為をやめた。毎朝やっていることをやめると気持が悪いけど、伸ばすということに挑戦した。

 

ただ、20年くらい毎日シェイヴしているから、そうそう伸びるものでもない。毛を抜くと生えづらくなるとは言うけど、剃るという行為もダメージがあるらしい。昔のヤンキーが剃り込みを入れてしまった若気の至りを後悔しているとよく聞くけど、あれに近い状態かもしれない。

 

半年もすると、子どもの時の眉毛のかたちに近くなってきた。私はそういえば濃いめで太めの眉だった。もちろん外に出る時は、メイクで形を整える。

 

この段階からプロの手を借りるようにした。数ヶ月に一度、ワックスで整えてもらうのだ。そうすると綺麗な眉が出来上がるから、手入れがしやすい。

 

しかし、まだ過去のシェイヴの影響はあって、生えてこない箇所があった。サロンの人も絶対に剃ってはなりませんと言っていた。

 

家ではハサミで手入れし、たまにだけ毛抜きを使う程度。

 

そしてとうとう、2015年の夏、人から眉毛が変わったと言われるようになった。身近な同性である母や妹も、やっと変化に気がついた。顔が柔らかくなったと言う。

 

たしかに、自分の顔写真を見ても、以前は眉毛のせいで、気の強さが強調された顔をしていたなと感じる。あんなキツい顔で、学生時代は数々の飲食店で接客を、会社員時代は営業をやっていたのかと考えると、オーナー達と、お客さん達に申し訳なかったと思うくらい。

 

顔を出す商売の人は、気の強さより芯の強さ、キツい顔より柔和な顔を、眉毛によって表現するということを心がけたほうがよいのだ。

 

今は、眉毛をほんの少し描くくらいで、近所までは出られるようになった。かつては、ちょっとスーパーにという時も、目元のアイラインもしっかり描かないと情けなかった。

 

2年半かけて、美人になる条件の30%を占め、顔の印象の100%を決める眉毛が、少しまともになった。

 

このところしばらくは、1,000円で眉ワックスができる、表参道のジャン・クロード・ビギン に行っている。両眉千円の値段は、とても安い。眉毛の手入れを人からやってもらうのは、気持がよくてウトウト眠ってしまう…。

 

男性で眉毛を気にしている人も、お店のスタッフに相談するといいと思う。

 

Juliss11 Marlene Dietrich

Flickr : Juliss11 マレーネ・ディートリッヒ 細い眉毛の似合う、ドイツ出身の昔のスター俳優 

 

 

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。