スポンサーリンク

 

モヤモヤをすっきりさせるための方法が人それぞれあると思う。私は時々、塩を入浴時に使用し、肌呼吸が円滑にいくように促し、次に起こす行動への活力とする。

 

美輪明宏とナオミ・キャンベルに影響され、お風呂で塩を使う

 

塩の使用の、そもそものきっかけは、学生のときに、美輪明宏が塩で顔をスクラブすると聞いたことだ。

 

ナオミ•キャンベルは、美を保つために週一回ソルトマッサージをやると何かで読んだこともある。

美輪明宏とナオミ・キャンベルに影響され、お風呂で塩を使う(ナオミ・キャンベル表紙雑誌)

 

現在二人が使用しているかわからないけど、美しい人も、トップモデルだった人も、塩の虜。美輪明宏は浄化できると言ってきっと使っているのだろう。

 

どんな風に使用するかというと、私の場合は、適量を適当にである。

1. 頭から顔からつま先まで優しくスクラブ
エステティシャンや美容師に塩を使用していると言うと「イタム」と言って嫌がるけど、セルフエステはよいものだと思う。お肌ツルツルで、全身から呼吸していることを自覚し、気分がよくなる。

2. バスタブに入れる
体があたたまる上に、しっとりする。何だか、モヤモヤも消える。

終わり〜。

 

ネイルポリッシュする前に、手足をスクラブすると、仕上がりが見違えるから、これまた便利。

 

尚、この記事、及び、このブログに出てくる塩とは、海塩や岩塩などの自然塩であり、塩化ナトリウムでできた食塩は、塩としない。

 

塩を使用した最初の頃は真っ赤になったと記憶している。当時の私は、海に入れば海水と砂にまけて、湿疹ができるタイプだった。というわけで、肌が弱い人は要注意である。

 

また、古いタイプの風呂釜だと錆ができやすいから、そこも気にしたほうがよい。

 

最初は、手や足の裏から始めてみるとよいのだと思う。

 

台所にあるもので全身美容しながら、気分をすっきりさせる、というのもなかなかである。

 

 

最終更新 08/24/2014 19:20

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。体調を崩さない限り毎日更新しています。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。