スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

胃腸への負担を軽くするため、一回の食事の量を減らし、カロリーをもっとあげたいと方法を考えました。

 

良い案が浮かびました。

 

それは、食事の時はお弁当箱を利用するというものです。

 

大人用のお弁当箱は昔から小さいなあと思っているのですが、あの大きさに入る量が「普通」なんですよね。私はお弁当箱二つは必要なのです…。

 

しかし、私には、「普通」、すなわち腹五分目に慣れることが大切と、一日二回の食事を、汁物は除き、「お弁当箱の中に入る量が一食」と考えることにしました。

 

ただし、いつも利用しているエネルギーの源である、バタ、または、紅花油、または、EXヴァージンオリーヴオイルは多めに使って調理します。

 

この投稿がアップされる前日まで、三日のうち5食をお弁当箱利用にしたところ、自分の「予想」に反し、その量の食事で終わらせることができています。

 

私の「予想」は、この量では足りないーと、常備品のクラッカーや、毎日つけているぬか漬けのきゅうりの古漬けを食べるとか、食後のダラダラ行為を必ずやると思っていたのでした。

 

お弁当箱での食事は「食べたらこれでオワリヨ」感が、お皿よりも強く出ているのですねえ。

 

良い方法なので3週間くらい続けてみます。

 

 

 

アマゾン アルミ弁当箱
 

 
 
アマゾン 漆塗り弁当箱
 

 

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。2019年4月から9月まで、仕事でも労働でもないことで多忙になるため、ブログの更新が不定期となります。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。