スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

胃腸への負担を軽くするため、一回の食事の量を減らし、カロリーをもっとあげたいと方法を考えました。

 

良い案が浮かびました。

 

それは、食事の時はお弁当箱を利用するというものです。

 

大人用のお弁当箱は昔から小さいなあと思っているのですが、あの大きさに入る量が「普通」なんですよね。私はお弁当箱二つは必要なのです…。

 

しかし、私には、「普通」、すなわち腹五分目に慣れることが大切と、一日二回の食事を、汁物は除き、「お弁当箱の中に入る量が一食」と考えることにしました。

 

ただし、いつも利用しているエネルギーの源である、バタ、または、紅花油、または、EXヴァージンオリーヴオイルは多めに使って調理します。

 

この投稿がアップされる前日まで、三日のうち5食をお弁当箱利用にしたところ、自分の「予想」に反し、その量の食事で終わらせることができています。

 

私の「予想」は、この量では足りないーと、常備品のクラッカーや、毎日つけているぬか漬けのきゅうりの古漬けを食べるとか、食後のダラダラ行為を必ずやると思っていたのでした。

 

お弁当箱での食事は「食べたらこれでオワリヨ」感が、お皿よりも強く出ているのですねえ。

 

良い方法なので3週間くらい続けてみます。

 

 

 

アマゾン アルミ弁当箱
 

 
 
アマゾン 漆塗り弁当箱
 

 

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、自由業在宅リモート職(Webマーケティング、翻訳) / Plenitude Interactions LLC / 放送大学科目履修生 / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 発症歴31年、ナルコレプシー、強膜炎、反応性低血糖症 / 水4L海塩25gとバターとリノール酸油と青菜を大量摂取、9kmウォーキングと軽い筋トレ、睡眠7.5時間をとることが健康維持のための日課 / 陸生哺乳類肉と米と芋と木の実と砂糖とアルコール摂取は以前にやめた / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (10/30/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。