スポンサーリンク

 

苫米地英人著『脳を味方につける生き方』を読了。

 

苫米地英人著『脳を味方につける生き方』

 

 

図書館で借りたDr.苫米地の著書第二弾。

 

脳機能学者による科学的な根拠に基づいた自己啓発書は信用ができる。

 

自分にとってよりよい生活を送るために今すぐにできる方法が満載の一冊であった。

 

また、「脳に一番いいのは「お坊さんの生活」」と書かれていて嬉しくなった(私は人からはそんな生活を送っていると言われているのだ)。

 

著者は「「美食」は脳をダメにする」、「着るものにこだわっているうちは、やはり「おバカさん」」とも。

 

限られた食材で工夫の料理を、少ない物をセンスよく着る、という生活の実践者だから言えるのだけど、こだわらないほうが、自分が一番やりたいことに集中はできる。

 

自分に自信が持つことのできる良い本でした。

 

 

 

『脳を味方につける生き方』

苫米地英人 著

三笠書房 刊

978-4837923282

 

ブロガー、リモートIT職、選書家、音楽配信、書籍企画 / Plenitude Interactions LLC / HipHop、アフリカンアメリカン文学 / ミニマリスト / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎 / 2017年10月より約20年ぶりに学生(通信制大学科目履修生) / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンはマジョリ画の妖艶な女帝 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com / 現在、仕事のための勉強と大学の勉強でせわしく過ごしているため、通常の投稿がしばらくの間、週1-2回ペースになります(11/06/2017)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。