スポンサーリンク

 

蕎麦屋でお酒を楽しんできた。場所は渋谷の神泉、喜道庵。中目黒店には、たまに行くのだが、集まる人達のアクセスの都合上、神泉のお店にした。

 

神泉 喜道庵

 

いやいや、お蕎麦屋でお酒を飲むのは最高!

 

まず、何よりもおつまみが美味しい。このお店だからなのかもしれないけど、鴨の焼き物、漬け物、蛸山葵やおでん(よくありがちですが)、友人達は、牛肉を甘く煮込んだものや、ごうぼう揚げも加えて、オーダーした。食事に行ったとき、たまに、料理の写真を撮ることもあるが、今回は一枚も撮っていないのであしからず。私は、宮城の墨廼江をいただく。持病にはよくないけど、〆には、もり蕎麦も食べた。満足。

 

そして、安い〜。食事もお酒も旨いのに、一人3300円。私は3000円でよいというのでそうさせていただいたが…。今回、アメリカから一時帰国している友達が和食、しかも、蕎麦がよいということで、蕎麦屋がめぐりが趣味だった私がお店選びの決定者となった。その帰国中の友達以外の私ともう一人は、かけ出しの個人事業主とあって、リーズナブルなところを強く希望し、手頃な喜道庵に。値段が高くて良いお店もあるけど、今回は、鴨南蛮が1200円以内で食べられるお店を基準にした。

 

出版社勤め時代、中目黒ブックセンターという、駅前にある、とてもよい本屋に顔をだした後、喜道庵でお蕎麦を食べるのがお決まりのコースだった。夕方からお酒を飲む他のお客を横目に、ササッと音とたてずに早食いし、10数分でお店から出てきていたのけど、私もいつかこのお店でお酒を飲みたい、といつも思っていた。お店の女将らしき人が、ちゃきちゃきしていて、図書館司書っぽい雰囲気で、美人なのもお気に入り。

 

お蕎麦屋は、喜道庵以外も、その他の飲食店に比べたら早じまいであるから、早めのお開きとなる。これは良い。さくっと、飲んで、さくっと帰る。大人な飲み方だ。短時間友達と会って、また会いましょうと、余韻を残し、次へのお楽しみとする。

 

と、言いながら、二次会のワインバーへ行ってしまう我々なのだが。

 

蕎麦アレルギーでなければ、食いしん坊なお酒好き、時間管理とお金を節約したい人、お蕎麦屋飲みはおすすめである。

 

 白洲正子も蕎麦を愛した一人
かくれ里 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)

ブロガー、リモートIT職、選書家、音楽配信、書籍企画 / Plenitude Interactions LLC / HipHop、アフリカンアメリカン文学 / ミニマリスト / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎 / 2017年10月より約20年ぶりに学生(通信制大学科目履修生) / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンはマジョリ画の妖艶な女帝 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com / 現在、仕事のための勉強と大学の勉強でせわしく過ごしているため、通常の投稿がしばらくの間、週1-2回ペースになります(11/06/2017)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。