スポンサーリンク

 

私の肩書きは色々あり、複数の職業を持つ人間だ。

 

好きなことがそのまま仕事になっていた贅沢な会社員をやめてから多少の紆余曲折はあったけど、興味があることで生きることが、私のスタイルと言える。

 

たくさんのことを同時にやっていると、あまり好ましく思わない人に時々出会うのだが、考えてみたら、学生時代は誰もが毎日いろんなことをやっていたわけである。

 

小中高は、学校の授業に加えて、塾や習い事や合間に友達とのお遊び。

 

大学に入れば、毎日、各クラスのアサインメントがあって、膨大な本を読んでエッセイを書くことになる。アルバイトや習い事や人々との交遊、クラブやライヴハウス通いも欠かせない。

 

学生時代は、親からの影響が多少あったにせよ、初めてやることが多く、ピュアな気持ちで取り組んでいたと思うのだ。

 

複数の興味があることだけを職業にすることは、それと同じこと。

 

 

 

関連記事

職業を二つ以上持つことは時代ですね ―レッドカーペットに立ったブロガー―

 

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。2019年4月から9月まで、仕事でも労働でもないことで多忙になるため、ブログの更新が不定期となります。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。