スポンサーリンク

 

角川時代の原田知世画像を集めてみました。
(一部旧ブログと画像が異なります 懐かし原田知世映像を集めました。アラフォー以上で角川映画にはまった方必見w 1/25/2014)

 

 

“地下鉄のザジ”は、16歳のバースデイ・アルバム『Birthday Album』にも収録されていた。
 
原田知世 地下鉄のザジ (映像は削除されています)
 
 

 

 17歳のバースデイ・アルバム『撫子純情』より“星空の円形劇場”
原田知世 星空の円形劇場 (映像は削除されています)
 
 

 

18歳のバースデイ・アルバム『Pavane』より“ハンカチとサングラス”
 
 
 
なんと!

 

本日11月28日は知世ちゃんのバースデイなのです。

 

お誕生日おめでとうございます。

 

80年代角川にやられたというアラフォー以上の方は多いと思います。私もはまった一人です。お小遣いをはたいてバースデイ・アルバムをレコードレンタルしたり、購入しましたよ。勿論、映画の原作もサントラもチェックして、映画館で映画も見ました。

 

最近の知世ちゃん画像はこちらです。デビュー当時から印象が変わらず大人になられました。

 
 
 

 

 

以下は過去映像。

 

“悲しいくらいほんとの話”

セーラー服と機関銃 『悲しいくらいほんとの話』原田知世

 

 

“ときめきのアクシデント”
 
 

 

“時をかける少女”
時をかける少女 原田知世 (映像は削除されています)
 
 

 

“ダンデライオン”
Dandelion (映像は削除されています)
 
 

 

 “愛情物語”
原田知世 ♪愛情物語 (映像は削除されています)
 
 

 

 
 

 

 
 

 

“天国にいちばん近い島”
 
 

 

 

原田知世 資生堂 エクボ

 

愛情物語 – カーテンコールオーディションシーン :原田知世 

 

彼のオートバイ彼女の島&キャバレー 劇場用予告編 知世姉の貴和子さん主演

 

TVドラマ 恋物語。映像なし

 

 

 
 
 
 
私が熱烈に好きだったのは、角川春樹事務所作品に出ている時までなので、ここまでとさせていただきます。本当に透明感のある女優さんですね。
 
 

 

角川春樹の戦略は今でこそメディアミックスなどと言われますが、それでも軸になっていたのは「作家と本の文化」であり、そして映画と音楽と女優がいたように思えます。アイドル全盛期の時代に、角川三人娘の薬師丸ひろ子、渡辺典子、原田知世は芸能っぽい売り出しではなく「何か違う売り出し方」をされているということは、当時の子供達の目にも斬新にうつり虜にさせました。

 

この後の原田知世は『私をスキーに連れてって』や『彼女が水着にきがえたら』などのホイチョイ作品に出演し一躍大スターになります。常に主演作品にしか出ないのに控えめな印象なのは、頭がクッションの十代の時代に、良い大人達に囲まれていたのでしょうね。そのキャスティングをしていた角川春樹はやはりスゴい人なんだと思います。

 

 

 
 

 

朝から第一期の青春時代の音楽を聴き、思い出映像を見ることができて、あの頃描いていた自分の大人の姿とのギャップに驚くと同時に、またガンバロという気分になりました。

 

「懐かし原田知世映像を集めました。アラフォー以上で角川映画にはまった方必見」(flickr : Johnathon)

Flickr : Johnathon さん

 

 

それではまた。

 

 

 

〈Bloggerを利用していた頃の記事です〉

 

 

最終更新 09/06/2014 15:04

 

 

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。