スポンサーリンク

陸生哺乳類肉はいただきません お米はいただきません バターとハードタイプのチーズ以外の乳製品はいただきません 一連のシリーズの続きです。

 

二十年以上の歳月をかけて、自分に不調をもたらす食品を生活から排除しまして、以下の食材で暮らしているので、豆、及び、豆製品もいただきません。

 

ただし、醤油と味噌は別途で考えています。

 

 

人生から永久追放、または、(うっかり口に入ってしまうかもしれないことも考慮に入れ)ほぼ排除した食材・食品

陸生哺乳類肉、自分が受け付ける動物の肉の内蔵(貝の内蔵は除く)、魚卵、牛乳、バター以外の乳製品、発酵バター、砂糖、三温糖、黒砂糖、蜂蜜、酒、酢、味醂、スパイス、缶詰製品、ゴマ油、ココナッツ油、穀類の一部(米、ライ麦、蕎麦、全粒粉)、種(ゴマ)、芋(ジャガイモ、サツマイモ、サトイモ、ナガイモなど)、豆(麦味噌と加糖されていない醤油は除く)、糖分が高かったりアクの強い葉野菜(キャベツ、ホウレン草、大根葉、からし菜、白菜、ネギ、ルッコラなど)、実野菜(キュウリ、ズッキーニ、トマト、ナス、カボチャ、ピーマン、オクラなど)、根菜(ダイコン、ニンジン、ニンニク、タマネギ、ゴボウ、レンコンなど)、果物(カボス、レモン、ライム、スダチなどは除く)、木の実(クリ、クルミ、アーモンド、ピーナッツ、カシューナッツなど)、タケノコ、キノコ、以上の食材を使った加工品

 

たまに、時々口にする食材・食品

鶏卵、鯨・イルカ肉の赤身生、パルメザンチーズ、エダムチーズ

 

口にする食材・食品(・薬)・嗜好品

 

日々の食材
水4L以上、天日海塩20-25g、リノール酸油100g、バター100g、オリーヴ油、キャベツやホウレン草や大根葉やからし菜や白菜やネギ以外の青菜、海藻、鳥類肉、魚介類肉

 

主治医たちが処方した薬

 

食べすぎ注意の日々の食品
小麦粉でできたパスタ、バター以外の乳製品や糖類が加えられていないバケットやうどんやクラッカーやせんべい、古い素麺

 

嗜好品
緑茶、珈琲、ほうじ茶、抹茶、番茶、麦茶、薔薇茶、薄荷茶、カカオ100%チョコレートとピュアココアパウダー、サッカリン、葉巻・煙草パイプとやむを得ない場合は無添加シガレット

 

一般的に、豆は体に良いと言われていますが、私自身は社会と経済にだけ良いと考えています。

 

小豆は赤いダイヤ(後追い世代ですが、ある年代より上の方達は懐かしい~とお感じになるはずです。笑)、小豆とセットで輸入しなければならないらしい大豆はなんと呼ばれるのかは不明でありますが、先物取引での対象物は、自分の食として考えた場合、全部、ゼンブ、慎重にならないといけないですというのが、誰が教えてくれたことでもない見解です。

 

日本では江戸時代に商人の町大坂で、米(=糖質)の先物取引が始まっています。

 

色々なところで発言しているのですが、古今東西、糖質は良くも悪くも私たちをコントロールします。

 

話しを戻しますと、大豆製品の代表的な豆腐は私のお腹に苦しみを与えたことが何度もあり、それによって排除食品となりました(アレルギー検査では反応なし)。

 

黒豆は、二年前には呼吸困難を引き起こし(一般的なアレルギー検査では黒豆の調査はできないとのこと)、2019年の西暦のお正月には自分の食のルールに違反して、母の作った美味しいと記憶されている黒豆を少し食べましたら、腰に蕁麻疹、アトピーも出る、ということが起きたので、アウトであります。

 

また、その昔、インターネットが普及する以前、ソウルフード(韓国フードではなくて、アフリカンアメリカンフード)を当時の東京で入手できるだけの食材を使って作るということに凝っていました。

 

その際、アメリカで主流の豆を色々と購入しては調理し食べていましたが、毎回お腹が破裂しそうになり、苦しい経験をしました(すっかり忘れていたのに思い出しました)。

 

小豆がもとで体調をおかしくするといったことはたしかなかったのですが(多少お腹ははります)、糖質たっぷりなので避けます。

 

豆はコワイです。

 

経済社会の人間は豆なしでは生きていけないかもしれないけど、ヒトは問題なく生きていけます。

 

そんな中、大豆を腐敗させて製造した醤油と味噌は許容です。

 

醤油は東日本で主流の砂糖が入らないしょっぱい製品、味噌は西日本で主流の麦味噌が、マイ醤油であり、マイ味噌です。

 

私自身は東京生まれの東京育ちですが、両親が九州出身という人間です。

 

母が上京してきた頃の東京には九州の醤油が売られてなかったそうなので、母は東京の醤油を購入していたそうです。

 

そんなわけで、幼少の時点で、醤油=東北からの出稼ぎで醤油職人になった人達が形成した関東の味、と味覚にインプットされました。

 

九州にはよく行く機会がありましたが、九州のあの甘い醤油がだめでした。

 

美味しい素材を甘さがかき消すような感じです。

 

関東で主流の東北系のしょっぱい醤油は素材の味を引き立てます。

 

味噌に関しては、昔から東京にも麦味噌が売られていたそうで、母も迷わずそれを選び、私の中では、味噌=塩辛い麦味噌と記憶されました。

 

米の甘味を感じる米味噌で作られたお味噌汁を、私は一度たりとも美味しいと思ったことがありませんし、米味噌か麦味噌かは口に入れた瞬間、すぐにわかります。

 

ようは甘い調味料が苦手というわけです。

 

醤油は東北系、味噌は麦味噌に限ります。

 

塩辛い食品には、媚を感じず、独立精神の神様が宿っているのではとまで考えてしまいます。

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。体調を崩さない限り毎日更新しています。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。