スポンサーリンク

 

映画を観ることが好きである。

 

nuovo cinema paradisovia Lua17 さん via Flickr   Nuovo Cinema Paradiso

好みで言うと、ひっそりと上映されている作品がよい。好きな監督は、スパイク・リー、ヌーヴェルヴァーグの巨匠たち、小津 安二郎、ジョン・カサヴェテス、などなど。スパイク・リーは小津 安二郎やヌーヴェルヴァーグからも影響を受けていると聞いたことがある。

ジャンヌ・モロー、カトリーヌ・ドヌーヴ、ジェーン・フォンダ、ジェニファー・ロペス、クィーン・ラティファが出ている映画は、覚えていないものもあるが、随分観た。皆、素晴らしい役者だ。ソフィア・ローレンは豪快すぎで好きではないが、大女優と言われるだけあって魅力は感じる。最近は、ケリー・ワシントンがお気に入り。

 

映画館もたまに行くけど、落ち着きのない人間なので、自宅でレンタルする場合が多い。レンタル料はだいたい200円から400円。

 

映画を観なくても、生きてはいけるのだけど、今年の年始に、週一本映画を観ようと決めた。それにはいくつかの理由がある。

 

まず、涙を流したい。泣けない映画も勿論あるけど、涙を流すとすっきりする。詳細は、以前の記事でどうぞ >>「涙を流してすっきり

 

次に、パッケージなり、インターネット越しで、自分のテイストを嗅ぎ取る訓練をするため。インターネットでレンタルする場合、視聴もできるのだけど、それでも観てみないとわからないことはある。監督の過去の作品、出演している役者、音楽、先に得られる情報は重要なキーワドとなる。

 

最後に、人の人生を知り、自分の人生の教訓とする。人生には「絶対ない」ということはない。良いことも悪いことも、自分にも起こりうる。人生の勉強。

 

今週もまた、何もかもを忘れて映画に没頭する。

 

最終更新 07/20/2015 11:07

 

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、自由業在宅リモート職(Webマーケティング、翻訳) / Plenitude Interactions LLC / 放送大学科目履修生 / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 発症歴31年、ナルコレプシー、強膜炎、反応性低血糖症 / 水4L海塩25gとバターとリノール酸油と青菜を大量摂取、一万歩以上のウォーキングと軽い筋トレ、睡眠7.5時間をとることが健康維持のための毎日の目標 / 陸の哺乳類肉と米と芋と砂糖とアルコール摂取は以前にやめた / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (10/15/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。