スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

便利なアプリ、Doneを使って、【日課】の一部を公開しています。

 

【気づき】はブログの後半に書いています。

 

■Done■

 

 

ブログのメインテナンスは数個。

 

■ランニング■

 

 

ジョギングはしばらく休みになりますが、様子見です。

 

■潰瘍性大腸炎の食事(通常一日二食)/「自分が食べて調子が悪くものは食べない + 世にも美しいミニマリストダイエット 」がスタイル■

 

ブランチ

ぬか漬けきゅうり一本古漬け、鶏もも肉150g、海塩、紅花油、醤油、クラッカー40g、バター50g

 

ディナー

小松菜ジュース:小松菜200g、海塩5g、紅花油、ライム汁、水、氷

(写真なし)

ライム汁を入れすぎで酸っぱいのなんのって…。

 

■イヴェント■

 

8月9日は長崎原爆記念日です。同時に私の母方の祖父の命日です。

 

毎年ブログでも書いているのですが、海星中学の教員だった祖父は三菱造船所で働く十代前半の教え子達の様子を見に行ったところでその11時2分を迎えました。

 

私の母の出産前で、身重の祖母は実家の大分におり、夏休み中の祖父は8月9日の早朝までは一緒にいたそうなのですが、教え子が心配になり、朝、大分の日田を出発したそうです。

 

原爆の後、終戦後も、祖母の生活拠点は実家になり、母もそこで育つことになります。

 

江戸時代から続く古い家ですが、祖母の姉の5人の子供たち、原爆によって急遽祖母と3人の子供、離婚して実家に戻った祖母の妹の面倒を見るために、その家の主人である私の大伯母は(大伯父は婿養子)、世間の戦後と同様に大変苦労したと聞きます。

 

私の母と父は決して運命の関係で結ばれた人たちではありませんから、原爆投下がなければ、母の運命は長崎の私学教員の娘として辿り、私もこの世に誕生していません。

 

好きで生まれてきたわけではないですし、生まれてきたから死に向かって生きてますが、長崎の原爆がなかったら、その行動は体験することがなかったので、私にとっては良くも悪くもない、生まれる前に起こった過去の出来事です。

 

この数年、毎年夏に原爆についてをブログで文字にすることが多かったこともありますが、昔とは大幅に考え方が変わりました。

 

昨年の夏には、母の実兄が亡くなった際の葬儀後に知ったのですが、祖父方の親戚で被爆した親戚たち、その子供たち、孫たち、三代、皆、健康で元気という事実を知ります。経済的にも皆んなかなり安泰です。

 

その直前、オバマ大統領が広島の原爆ドームを訪れた際、間も無くお迎えがやってくる伯父から「原爆にはなんの恨みはない」という言葉を聞きました。伯父が「今が幸せ」な人生を築いた証拠でもあります。

 

それでも、様々な事情(と裏事情)がありながら、アメリカの大統領が初めて広島を訪問したことは、原爆にとても縁のある人間たちにとっては、意味のあることで、私も感慨深かったです。

 

この春には、長崎出身の友人と原爆についてを語り合いました。彼女のおじいさまは広島で被爆した後、親戚を頼って長崎へ。そこで再び被爆します。お父様は戦後生まれですが、友人を含む二人のお子様に恵まれました。友人も原爆がなかったら、私はこの世に生まれていない…と言っていました。

 

日本が戦争をしない国であるのは、ある時までは平和憲法の存在だと信じていましたが、国連の敵国条例があるから単に戦争ができないだけの国と知ってからは、それが良い悪いということではなく、自分の中の価値観は大変化しました。

 

かつて私がそう言っていたのもおかしな過去ですが(そんなんに激しくはありませんよ)、「戦争反対」と言っている人たちが阿呆に見えますし、時の首相が右に右にいこうとしても国際社会が日本の戦争を始めることを許さないルールを作っていると聞いてますので、戦争はできない。

 

昔は悪いと信じていたことやものが良い価値に変わる、逆に、昔は良いと信じていたことやものが悪い価値に変わる、誰もが経験することだと思いますが、私にとっての原爆はそれです。

 

祖父の命日であると同時に、長崎原爆はプラスマイナスゼロ、正負の法則により、今が幸せという人たちをたくさん知っています。

 

南無阿弥陀仏。

 

■この日の気づき■

 

過去ばかり振り返っても仕方がない。

 

■お知らせ■

 

・まぐまぐ!で無料メールマガジンを始めることになりました。是非ご登録をお願いいたします。>> サンプルメール

 

・毎日の新刊情報を、メールで無料配信します。ご希望の方は、hello@plen-act.com まで「新刊情報」、「お名前(本名でもインターネット上のお名前でもどちらでも)」、「どこでこの情報を知ったか」を簡単に明記していただきご連絡ください。翌日か翌々日より、祝日をのぞく月曜日から土曜日の午前中にお届けします。

 

 

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。