スポンサーリンク

 

8月6日の広島原爆の日に続き、69年前の8月9日は、長崎にも原爆が投下された日である。と、同時に、母方の祖父の命日である。

 


Flickr : Christian Greco Photography さん

原爆が投下された後の浦上天主堂

 

ミッション系の学校で国語の教師をしていた祖父のこと、最近わかったことは、虚弱体質であったこと、大学は東京だったこと、国のために三菱造船所で働かなかければならなかった生徒に会いに行ったところで、11時2分をむかえたこと。

 

子供の頃から人に原爆のことを知ってもらおうと、何かしらのことをやってきたつもりだけど、3月11日で私は変わってしまったと思う。アンテナがたっている人、意識のある人にしか伝わらないことはあるのだ。だから今日は両親の家でひっそりとお線香をあげたい。

 

書いていたら涙がとまらなくなってしまった。

 

 

関連記事

大分県日田市での夏の記憶

興味がある人だけが原爆の話しを聞いたらよいのではないでしょうか

 

 

 

 

最終更新 08/08/2015 11:35

 

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。2019年4月から9月まで、仕事でも労働でもないことで多忙になるため、ブログの更新が不定期となります。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。