スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

 

東京国立近代美術館工芸館で開催中の「陶匠 辻清明の世界―明る寂びの美」を鑑賞した備忘録です。

 

 

 

辻清明については、忠犬ハチ公を広く知らしめた日本犬研究家で芸術家の斎藤弘吉氏が義兄である、あの芸術一家の辻家のお方。ということだけは学生時代から知っていたけど、作品を見るのは初。

 

氏の没後10年と、東京国立近代美術館工芸館開館40周年を記念しての開催だそうです。

 

辻清明氏の世界とは…、信楽なのだろうというほど、展示会場は信楽、信楽、信楽でした。

 

 

お濃茶、お薄、茶花、水入れのための信楽焼は好きです。そして信楽の色合いは美術館よりもお茶室が似合います…。

 

そんな中、氏のガラスの作品が素晴らしく際立っていました。4-5点くらいの展示だったと記憶しています。

 

一度は見た方が良いという作家でしたので、行ってよかったと思います。

 

 

 

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。