スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

私は厳選してTVを見ます。

 

ニュースはインターネットで事足りるし、お笑いにも興味がありません。放送大学のチャンネル、演歌歌手の歌番組はいいと思います。大人になると演歌は心にしみますよ。また、毎週必ず視聴するのは、後日動画サイトにて、木曜バラいろダンディ。Dr.苫米地のコメントを見るのが目的ですが、最近は苫米地氏の動画を観るだけでいいような気もしています。

 

そんな中、この4月からは、NHK BSプレミアム 海外ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」にハマっています。これは生で観ます。CMもない60分。見応えがあります。

 

私は、韓国の創作時代劇ドラマが大好きで、数年に一回、NHKで放映される作品を楽しみにしています。韓国語はわかりませんが、字幕にして鑑賞するんですよ。

 

私にとっての娯楽、そして、エンターテインメントです。

 

オクニョ 運命の女(ひと)」は、ざっくり言うと、母親の無念の最期の理由を知るために、立身出世し(おそらく)娘が立ち向かうという話し。まだ始まったばかりだから、大した展開はないけど、創作時代劇ドラマにはパターンがあるから、主人公は最後には世の中を動かすような人間になっているはず。

 

韓国の創作時代劇ドラマで面白いと感じる点は、

・主役の俳優が女性、男性ともに美しい。

・位の高い女性たち、良い人、悪い人共に、プライドが高い。

・妓生(キーセン)と呼ばれる女性たちが妖美でしたたか。

・どんな身分の人でも、知識と教養、それから応用力を身につければ上へ上がれる。加えて武術。

・主人公は幼少時は気の毒な境遇であることが多いが、それを見守る赤の他人のおじさんとおばさんが存在する。

・主人公の子供時代の子役がかわいい。

・医食同源が根底にある。

と言ったことです。

 

日本のドラマは、お笑いと同様に興味がない分野なので、情報収集すらしないですが、韓国の創作時代劇はなぜか執着があるのです。

 

おもしろいですよ。

 

ブロガー、リモートIT職、選書家、音楽配信、書籍企画 / Plenitude Interactions LLC / HipHop、アフリカンアメリカン文学 / ミニマリスト / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎 / 2017年10月より約20年ぶりに学生(通信制大学科目履修生) / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンはマジョリ画の妖艶な女帝 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com / 現在、仕事のための勉強と大学の勉強でせわしく過ごしているため、通常の投稿がしばらくの間、週1-2回ペースになります(11/06/2017)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。