スポンサーリンク

最近卵を食べています。

 

ところが、私の食生活は多くの人とは異なり、「卵を時々しか食べない」というルールがあります。

 

===

食事のマイルール

 

口にする食材・食品(・薬)

水4L、天日海塩20-25g、リノール酸油100g、バター100g、オリーヴ油、キャベツやホウレン草や大根葉やからし菜や白菜やネギ以外の青菜、海藻、鳥類肉、魚介類肉、小麦粉でできたパスタ・バケット・素麺・うどん・塩クラッカー、緑茶、ほうじ茶、番茶、珈琲、麦茶、香草茶、、ココアパウダーとカカオ100%チョコレート、医者から処方されている薬

 

たまに時々口にする食材・食品

鶏卵、鯨・イルカ肉

 

人生から永久追放、または、(うっかり口にするということを考慮に入れ)ほぼ排除した食材・食品()は代表的な食品

陸生哺乳類肉、魚卵、牛乳、バター以外の乳製品、砂糖、蜂蜜、酒、酢、味醂、スパイス、缶詰製品、ゴマ油、ココナッツ油、芽を出す元となるもの全般:米、ライ麦、蕎麦、全粒粉、ゴマ、芋(ジャガイモ、サツマイモ、サトイモ)、豆(麦味噌と醤油は除く)、実野菜(キュウリ、ズッキーニ、トマト、ナス、ピーマンなど)、根菜(ダイコン、ニンジン、ニンニク、タマネギ、ゴボウなど)、果物(カボス、レモン、ライム、スダチなどは除く)、木の実(クリ、アーモンド、ピーナッツなど)、タケノコ

===

 

卵を食べない理由は、学生時代に、人間が家禽を扱う前、ヒトは鳥の卵を食べなかった、ということを聞いたことがあるからです。

 

人間ではなく、ヒトの食生活により近い食事を心掛けているので、卵は自分の中では、たまに食べるものなのです。

 

ただ卵は調理が楽なんですよね。

 

今週末で超多忙期間が終わるのですが、忙しいにかまけて、久しぶりに調理の「つなぎ」のためではなく、手軽に食べるための卵を購入したら、卵料理は楽だなああ、しかも安い!と、感じずにいられません。

 

茹で卵もおいしくて、バケットにバターと卵をはさんで、海塩とオリーヴオイルをちょっとかけると、かつて大好きだった卵サンドウィッチ(マヨネーズ使用の)に味がよく似ていて、感動してしまいました。

 

でも、卵料理期間もそろそろ終わりです。

 

卵を含め、丸い食材は、人間生活を満喫したい人だけの食べ物だと思っています。

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。体調を崩さない限り毎日更新しています。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。