スポンサーリンク

こんにちは、RealKei JPです。

またびっくり仰天な投稿です。

30年くらい前から、洗髪には無添加シャンプーを使用しています。

国内外のありとあらゆる製品を使いました。

時々浮気をすることはありますが、この20年近くは、牛乳石鹸カウブランドシャンプーに落ち着いています。

近年は、このヘアシャンプーを、週一回ほど体にも使っています。

背中がサラサラに、他の部分はすべすべになります。

女子も男子も、おばさんもおじさんも、おデートの前には、おすすめです(肌に合わなかったらごめんなさい)。

さて、この投稿のタイトルには驚かれた方が多いでしょう。

ずばりなのですが、私の毎日の定番調味料グレープシードオイルを使った後の、ギトギトになった、お皿や、調理器具が、このヘアシャンプーを少量使うだけで、油がさらりと落ちます。

グレープシードオイルを使っている方ならおわかりかと思いますが、あの油は、他の油と比べるとべたつきがひどいのです。

しかし、まさか、無添加といえ、ヘアシャンプーを皿洗いに使うとは思いませんでした。

致し方なく使ったら、まさかの結果が出たというところです。

私は、この何年か、リノール酸油をしっかり摂ろうと、グレープシードオイルを毎日大量に食しています。

体が丈夫でない人には、リノール酸油がよいと聞いていたからです。

グレープシードオイルは、水に少量入れて飲むと、巷で人気の、栄養ドリンクのにおいとよく似ているのですよ。

いまだかつて、栄養ドリンクを飲んだことがありませんが、においをかがせてもらったことがあります。

結構強烈ではありますね。

グレープシードオイルを使い始めて感じていたのですが、オレイン酸がたっぷりになってしまった紅花油、それから、オリーヴオイルと異なり、食器や調理器具は、熱湯を使おうが、ヤシノミ洗剤でごしごし洗おうが、油がとりづらい。

グレープシードオイルを勧めた母も言っていました。べとべとするねと。

それ以来、ヤシの実洗剤を買う頻度と量が増えてしまったのは、少し問題になってはいました。

しかし、カウブランドシャンプーで油が簡単に落とせるということがわかりましたので、今後は、頭から顔から食器まで、カウブランドシャンプーに何もかもをおまかせしようと思います。

リノール酸をたっぷり含むグレープシードオイルは、少し割高な油ですが、私の健康維持の秘訣の一つと考えているので、やめることはできませんので、洗剤を工夫するほうが大切です。

家の中での、あぶくの兼用は、買い物が減るということでもあります。

試しにやってみた実験は正解でした。

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。2019年4月から9月まで、仕事でも労働でもないことで多忙になるため、ブログの更新が不定期となります。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。