スポンサーリンク

 

先日アップした、「ある女性ミニマリストのお気に入りの香水メーカーのリストが好評だ。ありがとうございます。

 

投稿した直後に、これも加えておけばよかったという事を思い出した。

 

キッチンコスメの香水についてだ。

 

正確に言うと「香水代わり」。

 

学生の頃好きだった作家のエッセイに(小説だったかもしれない)、その人が中学生くらいに、台所にあるヴァニラエッセンスを体につけ、甘い香りを漂わせていた、ということが書かれていた。

 

キッチンコスメという言葉が浸透していない時代でも、顔や体に使える食材があるということは、各家庭で知恵として伝えられていたはずだ。

 

しかし「洋菓子を作る時に使うヴァニラエッセンスを香水代わりにする」という発想は、全くなかった。

 

その作家と同世代より少し上の、アルバイト先の人達に聞いたら、ああー流行っていたのよー、若いのによく知っているわね、なんてことを言われたので、そういう時代があったようだ。

 

興味津々な私は、早速、近所の西友で、家にあるお菓子作り用のヴァニラエッセンスと全く同じ物を購入し、つけてみた。

 

当時のヴァニラエッセンスと言えば明治屋の物がポピュラーだった。

 

普通のスーパーで明治屋の製品が買えるのは、少し特別感があり、人々はウキウキしながら購入していた。

 

しかし、今考えれば、その製品は、カラメルとエタノールでできたヴァニラに似せた香りのする液体だった。

 

ヴァニラ・ビーンズは高価なのだ。

 

さて、周囲の反応。

 

Flickr : Paul Cooper : Vanilla

乾燥させたヴァニラの果実

Flcikr : Paul Cooper : Vanilla

 

=====================================

 

 

母親:数年前に癌治療が終わり、嗅覚がほぼない期間だったので私が甘ったるい匂いをさせていることには気がつかない。

 

父親:早朝にしか会わない生活だったし、鈍感なのでわからない。

 

妹:おねえちゃんからお菓子の匂いがすると騒いでいた。

 

電車

 

女性の集団とか、男女のカップルの女性が、チョコレートの匂いがどこからかする、とささやかれた。

 

学校

 

女友達:お菓子の匂いがする。

 

男友達:ココナッツの匂いがする。

 

アルバイト先(ほぼ女性)

 

同性代:甘すぎる。

 

一回り上の世代:懐かしいわ〜。

 

=====================================

 

カラメルとエタノールで、できたヴァニラエッセンスは、誰からも良い香りと言われなかった。

 

一日でやめて、普段のオードパルファムの、ジョルジオ・ビヴァリーヒルズのジョルジオエアに戻した。

 

ジョルジオエアは、確かアメリカの雑誌、Vibe にサンプルがついていたのが出合いで、日焼けのために南の島へいくたび、免税店で購入していた。

 

洋雑誌には、折り込みの香水一回分のサンプルがつくという広告が割と普通なので(今はどうでしょうか)、洋雑誌ファンの人は外国の香りを嗅ぐ機会が、日本にいながらあったのだ。

 

話しを戻しましょう。

 

繰り返しになるけど、私が二十年も前に使用したヴァニラエッセンスは、カラメルとエタノールで出来た製品である。

 

現在は、舶来物が日常的になり、通販も普通にできる。本物の時代だ。

 

エッセンシャルオイルを香水代わりにする人も大勢いる。

 

この度知ったのだが、ヴァニラはラン科の植物だそうだ。そして、ヨーロッパ人が名付けた「新大陸」が発祥の地。

 

「新大陸」では魅惑の植物や鉱物がたくさん発見された。

 

私はヴァニラの花は見た事がないが、ビーンズの香りだけで考えると、人間は理性を失い支配欲がかきたてられるかもしれない。

 

匂いが人を狂わせることは、ドイツのパトリック・ジュースキント原作、トム・ティクヴァ監督の映画『パフューム ある人殺しの物語』を見てもよくわかる。

 

アマゾンを見たら、合成ではない、食用ヴァニラエッセンスやオイルを見かけた。

 

 

 

関連記事

ある女性ミニマリストのお気に入りの香水メーカーのリスト

なんと耽美な映画でしょう『パフューム ある人殺しの物語』

 

 
Vanilla BeansFlickr :LHDumes : Vanilla Beans
 

 

最終更新 09/07/2015 17:25

 

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、自由業在宅リモート職(Webマーケティング、翻訳) / Plenitude Interactions LLC / 放送大学科目履修生 / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 発症歴31年、ナルコレプシー、強膜炎、反応性低血糖症 / 水4L海塩25gとバターとリノール酸油と青菜を大量摂取、9kmウォーキングと軽い筋トレ、睡眠7.5時間をとることが健康維持のための日課 / 陸生哺乳類肉と米と芋と木の実と砂糖とアルコール摂取は以前にやめた / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (10/30/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。