スポンサーリンク

一週間で食べきるハンバーグを大量に作りました。

 

保存方法は、焼く—>冷ます—>一つ一つをアルミホイルにくるむ—>冷凍です。

 

口にする食材に限りを持たせる食生活を送っているので、材料は、鶏ひき肉900g、天日海塩10g、塩クラッカー20g、香草、ひまわり油のみ。

 

以下は私の食材リストです。

 

人生から永久追放した食材・食品

陸生哺乳類肉、自分が受け付ける動物の肉の内蔵(貝、シラス、チリメンジャコ、ホタルイカの内蔵は除く)、魚卵、牛乳、バター以外の乳製品、発酵バター、砂糖、三温糖、黒砂糖、蜂蜜、酒、酢、味醂、スパイス、缶詰製品、ゴマ油、ココナッツ油、穀類の一部(米、ライ麦、蕎麦、全粒粉)、種(ゴマ)、芋(ジャガイモ、サツマイモ、サトイモ、ナガイモなど)、豆(麦味噌と加糖されていない醤油は除く)、糖分が高かったりアクの強い葉野菜(キャベツ、ホウレン草、大根葉、からし菜、白菜、ネギ、ルッコラなど)、実野菜(キュウリ、ズッキーニ、トマト、ナス、カボチャ、ピーマン、オクラなど)、根菜(ダイコン、ニンジン、ニンニク、タマネギ、ゴボウ、レンコンなど)、果物(カボス、レモン、ライム、スダチなどは除く)、木の実(クリ、クルミ、アーモンド、ピーナッツ、カシューナッツなど)、タケノコ、キノコ、以上の食材を使った加工品

 

たまに、時々口にする食材・食品

鶏卵、鯨・イルカの赤身生肉、パルメザンチーズ、エダムチーズ、スルメ

 

口にする食材・食品(・薬)・嗜好品

 

日々の食材
毎日水4L以上、毎日天日海塩20-25g、毎日リノール酸油100g、毎日バター100g、オリーヴ油、毎日青菜(主に小松菜。高値の時はレタスかセロリになることが多い)、毎日海藻、鳥類肉、魚介類肉、主治医の処方した薬(糖質は入っているもよう)

 

食べすぎ注意の日々の食品
小麦粉でできたパスタ、バター以外の乳製品や糖類が加えられていないバケットやうどんやクラッカーやせんべい、古い素麺

 

嗜好品
緑茶、珈琲、ほうじ茶、抹茶、番茶、麦茶、薔薇茶、薄荷茶、カカオ100%チョコレートとピュアココアパウダー、サッカリン、葉巻・煙草パイプとやむを得ない場合は無添加シガレット

 

香草は、シソ、パセリ、ホワイトセロリを使用し、三種のハンバーグを作りました。

 

写真左上から、右回りに、シソ、パセリ、ホワイトアスパラガスです。

 

 

下準備として、ボールでひき肉と天日海塩を混ぜ合わせた後、一時間ほど冷蔵庫で寝かせると味がしみます。

 

前週は500gの肉を使用しましたが量が全然足りませんでした。

 

というのも、美味しくできあがりすぎてしまった上に、肉体疲労がひどくて、いつになく肉肉肉!な気分になり、作ったものを週の前半でウマイウマイと食べてしまうということをやってしまったのです。

 

今週はどうなることやら。

 

出来上がったハンバーグは、そのまま食べてもよいし、醤油やバターが調味料となります。

 

実野菜であるトマトや酢でできたケチャップ、スパイスが入ったソースは口にしないのです。

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。2019年4月から9月まで、仕事でも労働でもないことで多忙になるため、ブログの更新が不定期となります。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。