スポンサーリンク

 

大学時代お世話になった、物理と環境学とヨガを教えている先生は愛煙家だった。ヨガを教えているのに、よろしいんでしょうかと聞いたら、「人生はゼロ。健康に悪いと言われている煙草を楽しんでいるし、食事も生活も超健康的だから、プラスマイナスゼロなのさ」と言っていた。目から鱗な考え方で人生が軽くなる一言だった。

 

私も、昔から、一般的に体に悪いと言われているものたちを時々楽しむ。しかし、日常生活においては、昔の人達に一般的だったものを使用することが多い。黒なすの焦げを使用した歯磨きチューブもその一つである。

 

How did I get so much eggplant?

Flickr

 

20年とまではいかないけど、その製品を16-7年くらい使い続けている。多分その頃、昔の人は、灰で洗濯をしていたということを知り、それでは歯も…ということで、ナチュラルハウスのようなお店で買ったのがきっかけだと思う。塩味で壮快。

 

ところがだ。4-5年前くらいからか?? 製品にキシリトールが入り始めた。少し甘くなったように感じる。フッ素が発がん性物質であり、ヨーロッパの多くの国で使用禁止になっていることは割と知られていることであるが、キシリトールについては調べたことがなく、検索すると、気分が失せる情報が出てきた。キシリトール先進国の欧州でもあれ〜という情報が出てくる。

 

どうぞご自分でググってみてくださいませ。

 

今月の日用品は、もうアマゾンで買ってしまったので、来月からは、違う物を検討したい。一度、粉ものを使ったことはあるのだけど、毎日使っていると面倒くさくて。チューブは楽。だけどまた復活である。

 

オーサワジャパン なすの黒焼(袋入) 50g

ツルシマ デンシー なすの黒焼<50g>

 

 

塩味と言えば、ヴェレダ 歯磨きソルト 75mLは、塩がジャリジャリしていて気持ちが良い。しかし、茄子の焦げのほうが歯はピカピカになるような気がする。こちらは、小さいサイズも売っているので、あくまで外出時の携帯用で…。黒い歯磨きは、大抵の人がぎょっとするのです。

 

ヴェレダ 歯磨きソルト 75m

 

 

自然療法で有名な東城百合子氏の著作『家庭でできる自然療法』(ISBNコードなし)によると、家庭でも作れるようなのだけど、ここは商売人の方々扱うものを利用したいと思う。でも、これからの時代をサヴァイヴするには、材料費のほうが、かかるという噂もあるが、作る練習もしておいたほうが良いのかもしれない。

 

関連記事

黒なすの焦げの歯磨き 再び

 

 

最終更新 08/24/2014 18:59

 

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。