スポンサーリンク

 

読んだ本の記録はずっと行っているのだが、図書館の普及と本の購買の活性化のため、ブログでその日に読んだ本のタイトルと一言感想を添えて、公開していくことにする。

 

私の読書方法は時間をかけないということがポイント。

 

理由は多くの人と同じように毎日やることがたくさんあるからだ。理解できなくてもわからなくてもサクサク前に進んで、その本から一つでも学ぶことがあれば良いと思って読んでいる。

 

以下、05/29/2018に読んだ本。

 

初読本もあれば過去に読んだことのある本もあり。

 

自己啓発の世界が苦手な私でも、科学者であり、ビジネスマンでもあり、仏門にも通じている、苫米地英人博士の話しには耳を傾け、著書も読んでしまう。動画を見る限り、江戸っ子口調で、お話しが長く(!)、おもしろい。

『苫米地博士の「知の教室」~本当の知性とは難しいことをわかりやすく説明することです!』
苫米地英人 発行
サイゾー 発行
978-4866250922


 

これまで健康や食を気にしたことがなかった人が、それに目覚めて手にすると良い本。

『「塩」をしっかり摂れば、病気は治る―病気の因を断つクスリ不要の治療法 単行本 – 2004/10
石原結實 著
経済界 発行
978-4766783186


 

こちらも、これまで健康や食を気にしたことがなかった人が、それに目覚めて手にすると良い本。

『水と塩を変えると病気にならない』
新谷弘実 著
マガジンハウス 発行
978-4838726110


 

私には良書に値する一冊。塩のことがよくわかる。

『食塩と健康の科学―減塩だけがよいわけではない!』
伊藤敬一 著
講談社 発行
978-4062573399

 

図書館で借りたりリクエストを出したり、ネット書店やリアル書店でお求めください。

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。2019年4月から9月まで、仕事でも労働でもないことで多忙になるため、ブログの更新が不定期となります。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。